選択科目 マーケティング

WEBマーケティング集客施策の基本4つ

WEBマーケティングも様々な種類があり、企業やお店のWEB担当者の方でもすべてを把握するのは大変ですよね。
WEBマーケティングで知っておきたい集客施策は4つあります。その4つを知っておけば、WEBマーケティングの基本を押さえることが可能です。
そこで今回の記事では、WEBマーケティング集客施策の基本をご紹介します。

WEBマーケティング集客施策の基本4つ

WEBマーケティングの集客施策は、以下の4つが基本になります。

  1. 検索エンジンからの集客を行うSEO
  2. ファン獲得が重要となるSNS
  3. 見込客へ行うメールマーケティング
  4. 様々な種類があるネット広告

それぞれについてみていきましょう。

1.検索エンジンからの集客を行うSEO

SEOは、Search Engine Optimization の頭文字をとった略語で、検索エンジン最適化を意味します。
一般的にSEO対策と呼ばれるものは、GoogleやYahooなどの検索エンジンを使って検索したときに、ホームページを上位に表示させるために行うものです。
SEOで上位表示するには、3ヶ月から半年程度かかると言われているため、即効性はありません。
しかし、良質なコンテンツを提供できれば、長期的に自然流入が増えるため、ユーザーを獲得するために必須の施策です。
Googleのアルゴリズムの変更で、SEO対策のやり方は昔とは変わってきているものの、ホームページを上位表示するために変わらない考え方もあります。
それは、ユーザーに良質なコンテンツを提供し続けることです。
有益な情報をユーザーがGoogleで調べられると、よりユーザーはGoogleを利用することになります。利用者が増えれば、Googleに入ってくる広告費も増えていきます。
ユーザーのことを考え抜いてコンテンツを作り続けることが、結果としてSEO対策になります。

2.ファン獲得が重要となるSNS

SNSは、Social Networking Serviceの頭文字をとった略語で、インターネットを使ったコミュニケーションサービスです。
SNSでメジャーなものといえば、Twitter、Facebook、Instagramなどが挙げられます。
メジャーなSNSの特徴を簡単にご紹介しましょう。
Twitterは140文字で気軽に呟やけるSNSです。
Facebookは実名制のSNSで、リアルな関係をインターネット上で再現しています。
Instagramは写真に特化したSNSです。
SNSを運用していくには、継続的にユーザーとコミュニケーションを行っていくことが重要です。
話題性のある投稿やユーザーにとって有益な情報を提供し続けることで企業やお店のファンが増えていきます。
多くのファンを獲得すれば、それだけ自社やお店の力で集客を増やすことができます。
また、SNSは新商品をお知らせするだけでなく、実際にユーザーがどのように商品を使っているかなどを知ることも可能です。
例えば、Instagramでは、#(ハッシュタグ)と呼ばれる写真を見つけてもらうための目印をつけて投稿することができます。
商品名のハッシュタグを検索することで、ユーザーたちのリアルな声を知ることができたり、企業が思ってもいなかった商品の使い方などを知る場所になっています。
さらに、ユーザーからの声を集めやすいため、新商品や新サービスを開発するときの参考にもなります。

3.見込客へ行うメールマーケティング

メールマーケティングは、ユーザーにメールを配信して、来訪や商品購入につなげます。
ユーザーの状態に合わせたメールを送ることがメールマーケティングの重要なポイントです。
見込みの高いお客さんだけにメールを送ったり、クーポンを配信したりするなど、状態に合わせたメールを送信します。

4.様々な種類があるネット広告

ネット広告は様々な種類があります。
今回は、以下の5つについて紹介します。

  1. 上位表示が可能なリスティング広告
  2. 成果報酬型のアフィリエイト広告
  3. バナー広告やテキスト広告を配信するアドネットワーク広告
  4. SNSメディアに配信できるSNS広告
  5. 訪れたユーザにもう一度来てもらうリターゲティング広告

1.上位表示が可能なリスティング広告

リスティング広告を活用すると、検索結果が表示されるページに広告を出すことができます。
料金を払うとすぐに上位表示を行えますが、どのキーワードをどこの場所に出すかなど、細かい運用や管理が必要となってきます。

2.成果報酬型のアフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、成果が発生した場合にのみ報酬を支払う成果報酬型広告です。
ブログやウェブサイトにリンクを貼ってもらい、そのリンクを経由して成果が発生した場合のみ報酬を支払う仕組みとなっています。
そのため、アフィリエイトは、広告が掲載された場合や広告をクリックされただけでは広告費は発生しません。
このようにアフィリエイトのメリットは、成果が発生した場合のみ報酬を支払うことです。
一方、デメリットは、掲載の保証がないことです。
ブログやウェブサイトに広告を掲載したいという方が現れてから、アフィリエイト広告が始まります。

3.バナー広告やテキスト広告を配信するアドネットワーク広告

アドネットワーク広告とは、ブログやWEBメディアなどでバナー広告やテキスト広告を配信できるネットワークです。
ユーザーの閲覧履歴などのデータから分析された、ユーザーの年齢や趣味などでターゲティングすることができます。
広告費は、クリックごとに発生します。

4.SNSメディアに配信できるSNS広告

SNS広告は、SNSメディアであるTwitterやFacebook、Instagramに広告を配信できます。
SNSメディア内でターゲットなどを設定し、すぐに広告を配信することが可能です。

5.訪れたユーザにもう一度来てもらうリターゲティング広告

リターゲティング広告は、一度訪れたことのあるユーザーに対して広告を配信します。一度訪れたことのあるユーザーに向けて配信するため、サイトへ来訪を促します。
アクセスが少ないサイトでは、リターゲティング広告を配信することができないため、配信対象者を増やすことをまず行う必要があります。

WEBマーケティングを活用し売り上げアップへ

WEBマーケティングを活用し売り上げアップへ

今回の記事では、WEBマーケティング集客施策の基本についてご紹介しました。

  • 検索エンジンからの集客を行うSEO
  • ファン獲得が重要となるSNS
  • 見込客へ行うメールマーケティング
  • 様々な種類があるネット広告

WEBマーケティングを行っていくためには、自社に合ったWEBマーケティング方法を取り入れ、予算を投入していくことが大切です。
どのWEBマーケティング方法に予算を投入するかは、担当者の腕の見せ所になります。
もちろん最初から自社に合った方法を見つけることは難しいですが、トライ&エラーで、実践的なWEBマーケティングが分かります。
ぜひ自社に合ったWEBマーケティング方法を取り入れて運用し、売り上げアップにつなげていきましょう。

関連記事