リピートがない原因とは?エステサロンのリピート率をアップさせる方法2つ - あきばれホームページ作成
あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

リピートがない原因とは?エステサロンのリピート率をアップさせる方法2つ

  • サロン・エステ
  • サロン集客
リピートがない原因とは?エステサロンのリピート率をアップさせる方法2つ

エステサロンの経営で運命線とも言えるのが、リピーターの存在です。
一度きりの利用で終わってしまうお客さんよりも、リピーターを増やす方が安定したサロン経営につながります。

しかしオーナーさんの中には、エステサロンのリピーターが増えないと悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回、エステサロンにリピートしてもらえない原因と、リピート率をアップする2つの方法を紹介します。

エステサロンをリピートしてもらえない2つの原因

エステサロンをリピートしてもらえない2つの原因

エステサロンに新規のお客さんは来店するものの、リピーターにつながらないといった悩みを持つオーナーさんは多いようです。

では、なぜ来店してもらえたにも関わらず、エステサロンにリピートしてもらうことができないのでしょうか。

エステサロンをリピートしてもらえない理由について3つご紹介します。

原因1.コミュニケーション不足

原因1.コミュニケーション不足

エステサロンにリピーターが増えない理由は、コミュニケーション不足がほとんどです。

お客さんにとって良いサービスを提供するのがサロンですが、実はお客さんとのコミュニケ―ションを取らずに、サロンのアピールばかりをしているケースがあります。

またリラックスしてほしいからとあまり声をかけずに、うまくコミュニケーションが取れていないというケースもあります。

エステサロンはフェイシャルエステやボディエステなど、リラックスしてエステを受けていただく場ですが、コミュニケーションを取らなければ、お客さんにとってどこにでもある普通のサロンと同じになってしまいます。

サロンのリピーターになってもらうには、お客さんにとって特別な存在にならなければいけません。

原因2.無難な接客

原因2.無難な接客

お客さんにとってリピートするか、リピートしないかという境界線は、「普通の接客」か「特別な接客」かという違いです。

何か嫌な態度を取られた、不快な接客をされた、というのではなく、可でも不可でもない無難な接客であるケースがほとんどです。

ただエステを受けるのであれば、安いサロンを利用したり、近所のサロンを利用したり、いくらでもエステサロンは営業しています。

しかしその中でも「このサロンに通いたい」と思ってもらうためには、無難な接客では物足りないのです。

リピーターになってもらうためには、結果の出るエステメニューはもちろんですが、それ以外のお客さんとの対話の中で感動が必要です。

心に残る接客、想像を超える感動のある接客があってこそ、お客さんの心の中に強く残る存在になります。

リピートがあるサロンとリピートのないサロンの違い

リピートがあるサロンとリピートのないサロンの違い

リピートのあるサロンとリピートのないサロンの違いは、「もう一度利用したい」と思ってもらえるかどうかです。

リピートのあるサロンは、距離が遠くても、料金が高くても利用したいと思える理由があるため、リピートにつながります。

そのリピートしたいと思える理由は、「共感と提案」です。
リラックスしてもらうために、お客様に親近感を持ってもらうことが大切です。ここで必要になるのが共感です。

共感するポイントが多い相手には、親しみやすく感じます。
しかし共感だけでは、相手にとって親近感のある人で終わってしまいます。

そこで次に大切になるのが「提案」です。
自分にとって必要な提案をしてくれる、自分の事を本気で考えてくれる、信頼できる価値のある情報を教えてくれるという提案が、お客様にとって本当に必要なサロンへと変わっていくのです。

リピートがあるサロンにはこの共感と提案があり、リピートのないサロンにはこの2つがないか、どちらかが欠けている可能性があります。

エステサロンのリピート率をアップさせる2つの方法

それでは、次から具体的にエステサロンのリピート率をアップさせる3つの方法を紹介します。
リピートしてくれるお客さんを増やしたいサロンのオーナーさんは、ぜひ参考にしてください。

方法1.肌の様子やエステ内容をその都度伝える

方法1.肌の様子やエステ内容をその都度伝える

エステサロンに来店されるお客さんは、美容に関して貴方よりも知識が少ない素人です。

貴方が当たり前に知っている情報や知識は、お客さんにとってはじめて聞く内容かもしれません。一回説明を聞いただけでは理解が難しく、すぐに忘れてしまう可能性が高いと言えます。

そのような理解のズレを防ぐためには、何度もお客さんの肌の様子やエステ内容を説明することが必要です。

エステ前のカウンセリングの段階で説明することはもちろんですが、エステ後にも、もう一度丁寧に説明する必要があります。

実際にエステを受けた後は、自分の肌でエステの効果を実感しているので、より素直に説明を聞きやすく、理解しやすい状態になっています。

お客さんが尋ねてこなくても、「理解しているかもしれないからいいや」と思うのではなく、何度か説明するということがサロンへの信頼につながるのです。

方法2.お客さん専用のアドバイスシートを作る

方法2.お客さん専用のアドバイスシートを作る

お客さんがまた利用したいと感じるタイミングは、自分のことを本気で考えてくれていると感じたときです。

どのお客様にも提案している無難なアドバイスではお客様の心に響きませんし、「またこのサロンに来たい」とは思ってもらえません。

リピーターになってもらうには、お客さん専用のアドバイスシートを作成し、エステ後のカウンセリングで提案をすることをおすすめします。

お客さんの肌質をはじめ、その肌質に合ったホームケア、また次回のお勧めのエステなどを詳しく記入し、それをもとにエステ後のカウンセリングを行います。

そのアドバイスシートを見ながら、カウンセリングが出来るので、何もない状態と比べて次回のエステ予約や物販などの紹介もしやすくなるメリットがあります。

またお客さんとしても、時間をかけて細かくアドバイスシートを作成してくれたという感動につながり、また次回も利用したいと思ってもらうことができます。

アドバイスシートは、規定の内容を載せたサロン独自のシートを作成しておくと、そこに記入していけばいいので、準備が楽になりますよ。

エステサロンのリピート率をアップする方法まとめ

エステサロンのリピート率をアップする方法まとめ

エステサロンにリピートしてもらうためには、お客さんにとって特別な存在にならなければいけません。

そのためには、お客さんが求めていることをまず考える必要があります。

会話を楽しみたいお客さんや、静かにリラックスしたいお客さん、お友達と一緒に利用したいお客さんなど、まずはその点を理解しておきましょう。

次に必要なことは、期待以上の感動、期待以上の接客です。
お客さんが何を求めてサロンに来店しているのかを考え、サロンで出来る最大限のことを提案してみましょう。

サロンにくれば期待以上の接客が受けられると感じてもらえれば、自然にリピート率が上がります。
お客さんファーストの接客を意識して、リピーターを増やしてくださいね。