エステサロンの集客できるチラシ作り 5つのポイント - あきばれホームページ作成
あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

エステサロンの集客できるチラシ作り 5つのポイント

  • サロン・エステ
  • サロン集客
エステサロンの集客できるチラシ作り 5つのポイント

新規のお客様の来店を促すためには、チラシを活用することが大切です。

お客様にサロンの魅力を効果的に伝えて、来店してもらうためにはチラシ作りでどのようなポイントに気を付ければいいのでしょうか。

そこで今回は、エステサロンのチラシ作りのポイントを5つ紹介します。

キャンペーン価格は、いくら安くなっているのか明記する

キャンペーン価格は、いくら安くなっているのか明記する

エステのチラシで集客するには、お得感を出す必要があります。
そのために通常価格よりも安く利用できるキャンペーン価格を設定するのも1つの手です。

ただせっかくキャンペーン価格を設定するなら、チラシにはそのお得感が少しでも伝わる方法で記載するのがポイントです。

チラシにキャンペーン価格だけしか載せていないと、チラシを見たお客様はどのくらいお得になっているのか分かりません。
それでは「この機会に利用してみたい」と心を動かすことができませんよね。

また法律上、キャンペーン価格だけを記載するのはNGです。必ず通常価格とセットで掲載するようにしましょう。

例えば、「初回限定価格5,000円」だけを記載するのではなく、「初回限定価格5,000円(通常価格8,000円)」と書くこと。法律的な問題だけでなく、通常価格も書かれていた方が、3,000円も安く利用できると分かり、お得感が伝わります。

さらに「初回限定価格5,000円(通常価格8,000円)3,000円もお得!」というように、いくら安くなっているのか数字で表記しておくことも大切です。

書かなくてもすぐ計算できることなのですが、チラシを見ているお客様はそこまで頭を使ってくれません。考えなくてもすぐにいくら安くなっているのか、分かるようにしておきましょう。

「3,000円もお得!」「30%OFF!」などと書いてあれば視覚的にいくら安くなっているのかすぐに判断できます。

また、インパクトのある数字を入れることも大切です。「3,000円もお得!」と表記した方がお得に見えるのか、「30%OFF!」の方がお得に見えるのかはよく検討してみましょう。

キャンペーンの有効期限を設定する

キャンペーンの有効期限を設定する

チラシにキャンペーン価格のメニューを記載する場合は、有効期限を設定しましょう。
3か月など有効期限が長すぎると効果が薄いので、有効期限を短めに設定しておくのがおすすめです。

有効期限を2週間くらいに設定しておくと、「お得な価格で利用できるのはあと2週間しかない」という気持ちになり、エステを利用するきっかけを作ってくれます。

やはりどれだけお得感のある価格設定でも、期限がないといつでも利用できるという気持ちになってしまい、結局利用せずに終わったということはよくありますよね。

有効期限を決めておくことで、「この日までに利用しないといけない」という心理状態を作りだし、利用することへ前向きな気持ちにしてくれる効果があります。

厳選したエステメニューを掲載する

厳選したエステメニューを掲載する

チラシを作るときに、あれもこれもとエステメニューを載せたくなりますが、選択肢がありすぎるとお客様を混乱させてしまいます。

「何かを選択する」という行為はエネルギーを使うので、チラシに掲載するのは一番おすすめしているメニューと、その他に2つから3つに絞りましょう。

どうしても絞り切れないという場合は、ターゲットにしているお客様のイメージを固め、そのお客様に利用してほしいエステを選びます。

チラシを手に取った人が、チラシを見る時間は2,3秒です。
その間に興味を持ってもらえるかどうかが重要なので、エステメニューの情報を詰め込み過ぎないように、厳選したメニューを掲載しましょう。

サロンやスタッフ、施術風景の写真を入れる

サロンやスタッフ、施術風景の写真を入れる

チラシを作成する上で、サロン情報の記載は必須です。
エステに興味を持ってもらえても、サロン情報が分からなければその先に進むことができません。

はじめて利用するお客様の不安を取り除く意味でも、サロンやスタッフ、施術風景などが伝わる写真を入れましょう。

どのような場所で、どのような人に、どのような感じで施術されるのかという点を知ることができれば、不安が取り除かれて、サロンを利用するきっかけになります。

スタッフの顔が事前にわかっていると、親近感や安心感が芽生えるので、サロンに来店する前から良好な関係を築けるというメリットがあります。

プロのカメラマンに依頼してもいいですし、一眼レフなどを使って自分でサロンの魅力が伝わる写真を撮影してみましょう。

予約・問い合わせ先を分かりやすく記載する

予約・問い合わせ先を分かりやすく記載する

サロンに興味を持ってもらえても、予約方法や問い合わせ先が分かりにくいと、お客様獲得を逃すことになります。

チラシを作成するときは、「予約はこちら」と一言入れて、予約・問い合わせ先を分かりやすく記載しましょう。

また営業時間外の予約にも対応できるように、ネット予約の設置もおすすめです。
電話やメールだけの対応だと、営業時間しか予約できず、お客様の取りこぼしになる可能性が高いです。

ネット予約を導入し、チラシにQRコードを記載しておくと取りこぼしが少なくなります。簡単にネット予約フォームに誘導でき、営業時間外の予約にも対応できるようになるからです。

その際は、「24時間ネット予約可能」など一言付け加えるようにしましょう。
当たり前、言わなくても伝わると思っていることでも、伝わっていないことはたくさんあります。

お客様のメリットになることは、たとえ言わなくても分かるだろうと思うことでも、きちんと言葉にして明記することが大切です。

集客に役立つエステのチラシ作りのポイントまとめ

集客に役立つエステのチラシ作りのポイントまとめ

サロンのチラシを作るときには、必要最低限の情報は欠かすことができません。
まずは目にとまりやすいインパクトと、はじめてサロンの来店されるお客様の不安を取り除くことを意識して、チラシ作りを行いましょう。

今回紹介した5つのポイントは、チラシを作るうえで最低限の情報なので、欠かさないようにしてください。

集客する上で大切なことは、お客様の気持ちをスムーズにサロンへ向かわせることです。
お客様の心の動きを意識し、興味を引きつけ、サロンへの不安を取り除くことを意識しましょう。

「このサロンを利用してみたい」と思ってもらえる素敵なチラシを作ってくださいね。