経営者向けのメルマガ『経営塾』

「商材とターゲット顧客の絞り込み」はできていますか?

今回は、反応を取るために大切な

商材とターゲット顧客の絞り込み

についてお話します。

どの商品やサービスを売りたいか?

ホームページでアピールしたい商品やサービスをお聞きしたすると、
「あれも、これも・・・」と盛りだくさんのお答えが返ってくることが
多々あります。

会社案内や商品紹介などの情報提供をメインにした「紹介ツールとして
のホームページ」ならば問題ないのですが、反応を取ることを目的とす
るならば、ホームページで多くをアピールするのはおすすめしません。

というのも、ホームページではアピールしたい商品やサービスを絞り込
むほうが反応を取りやすいからです。

ターゲット顧客も絞り込む

そしてアピールしたい商品やサービスを絞り込めると、それを売りたい
お客さんも絞り込みやすくなります。

たとえば、新築や戸建・店舗のリフォームなどを扱う工務店なら、すべ
て売り込みたいと思うのは当然のこと。

しかしながら、お客さんの立場に立ってみると、新築を検討している方
と店舗のリフォームを考えている方とでは求めている情報が違います。

実際に営業マンが接客する際には、新築を検討している方と店舗のリフォー
ムを検討されている方とでは、「説明の方法」を変えるはずです。

自社の強みのアピールの仕方もお客さんに合わせて変えていると思いま
す。

実店舗では、来ていただいたお客さんに合わせて説明を変えればいいの
ですが、ホームページではそういうわけにはいきません。

それゆえ、ホームページでは対象とするお客さんを絞り込むことが大切
なのです。

そして絞り込んだお客さんに向けて、ホームページを作ることが反応の
取れるホームページにする最大のポイント。

具体的にすればするほど心に届きやすくなる

コツは対象となるお客さんをできるだけ具体的にイメージすること。

たとえば「新築を検討している人」という程度で終えるのではなく、

・30代で小学生くらいの子供がいる4人家族

・初めて住宅を購入する

・年収は400~600万円

・予算は3,000~4,000万円

といった具合にまで絞り込んでいきます。

イメージするのが難しければ、実際に購入していただいたお客さんを思
い出してみるとよいでしょう。

そして次に、具体的にしたターゲット顧客のニーズや悩みを明確にして
いきます。

ニーズや悩みが明確になれば、それに応えるコンテンツを用意しましょ
う。

その他大勢に向けて書いたコンテンツは、心に響きにくいもの。一方、
絞り込んだターゲット顧客に向けて、コンテンツを書けば心に響きやす
くなります。

読んでいる人に「私のことだ」「私のために書かれている」「私に関係
ありそうだ」などと思ってもらえれば、成功です。

まとめ

簡単に整理すると、反応の取れるホームページにするには

1.サービスや商品を絞り込む
2.ターゲット顧客を絞り込む
3.ターゲット顧客の悩みやニーズを想定
4.その悩みやニーズに応える情報を提供

といった手順で作ることがポイント。コツはできるだけ絞り込むことで
す。

さらに4のところで、自社の強みや特徴などをからめて書くと効果的。

ホームページでは商材やターゲット顧客を絞り込むことが大切だという
ことはご存じの方も多いと思いますが、実際にはできていないホームペー
ジが少なくありません。

もし反応がイマイチとお悩みでしたら、絞り込みができているかどうか、
ぜひこの機会にあらためてご自身のホームページを見直してみてはいか
がでしょうか。(^_^)/~

ページの一番上へ

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

新型コロナに負けるな!
コロナ時代
ホームページ集客法

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。