あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

SEOに強い上位表示される「良質なコンテンツ」とは?

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2016年11月7日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 3 分

前回はSEOに関して「Googleで上位表示されるために大切なのは良質なコンテンツ作りである」というお話をしました。

今回は、「良質なコンテンツとは何か」について、もう少し掘り下げてみたいと思います。

コンテンツを取り巻く状況

現在、インターネット上にはたくさんの情報があふれています。検索すれば必要な情報が簡単にすばやく得られ、とても便利になりました。

特にここ数年でネット上の情報を集めてまとめた「まとめサイト」や「キュレーションサイト」が増え、より多くの情報を簡単に得られるようになりました。

「Naverまとめ」などをはじめとするキュレーションサイトにはいろいろなところに散らばった情報がジャンルごとに集められ、上手に編集されていて、それはそれでとても便利です。

しかし、似たような情報がネット上にあふれることにもつながっています。みなさんもインターネットで何かについて調べていて「これは他でも見たな」という体験をしたことがあるのではないでしょうか?

求められているのはオリジナル

そういった状況のなかで信頼度が高く、また人の心に響くのは、オリジナル性の高いコンテンツ。なかでも「実際にその人が見たり体験したりした情報」が掲載されたコンテンツです。

「あの商品はとてもいいらしいよ」と聞くよりも、「あの商品を実際に使ってみたけどすごくよかったよ」と聞くほうが説得力があります。

それは企業のホームページでも同様です。その企業だから提供できる「その企業ならではのコンテンツ」が求められているのです。

このような状況を踏まえ、Googleも「コピーされた情報ではないか」というところを超えて、コンテンツの内容自体が「オリジナルの情報なのかそうではないか」を見分ける技術を磨いています。

今後はますます「ならではコンテンツ」が重視され、オリジナルではないコンテンツは評価されなくなっていくはずです。

「ならではコンテンツ」は現場から

直接見たこと、体験したことを記事にすることによってできあがる「ならではコンテンツ」は、お客さんと接する部署が情報源のひとつとなります。

営業担当者が把握している事例や、お客さまにいただく商品の感想、体験談などは、貴重な「ならではコンテンツ」です。

また、商品やサービスを開発する部署も情報源のひとつ。開発時の秘話や裏話などは、その企業にしか出せないコンテンツです。

現場から集めたコンテンツを、継続的に掲載できているホームページは強くなります。ただやみくもに情報を増やせばいいわけではなく、「情報の質」が重視されているのです。

新しいコンテンツを企画するときには「これは自社ならではのコンテンツなのか」と考えてみてくださいね。

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

ネットの顧客サポート

読者からのお便りコーナー 今週は、メールレターの8/26号で取り上げた、「経営者もネットで…続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(12月18日現在)

  12月 1月 2月 3月
残り 20件 75件 80件 80件
12月は残り20件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。