経営者向けのメルマガ『経営塾』

ホームページの改善、どこから手をつける?

今週は「成果を出すためのホームページ改善」についてお話ししようと思います。

今あるホームページ、成果を出されていますか?

ホームページは単に作成しただけではなかなか成果を出せません。「運用し、悪いところは改善する」というサイクルを繰り返して、だんだんと成果が出てくるものです。

それではさっそく、「ホームページの改善に取り組む際、どのページから取り組むと良いのか」を考えていきましょう。

改善効果の高いページはどれ?

目についたページや気になったページから、手当たり次第に改善に取り組んでいくよりも、「成果を出せるページ」から優先的に取り組むほうが効果が高く、モチベーションもあがります。

改善効果の高いページは、以下の3つと覚えておくとよいでしょう。

  <改善効果の高いページ>

  • 人通りの多いページ
  • ゴールとなるページ
  • ゴールとなるページに近いページ

では、それぞれのページについて、もっと詳しく見ていきます。

人通りの多いページ

人通りの多いページとは、「ホームページの中で、多くの人が通過するページ」のことです。

トップページや、検索で上位に表示されているページなど、ホームページの入口となっているページ(ランディングページ)は、ホームページの中でも人通りが一番多いページです。

たくさんの人が通るページを改善できれば、それだけ大きな成果を得られます。

まずは、アクセス解析を使って、一番人通りが多いページがどれかを把握しましょう。

それから「離脱率が高い」「誘導したいページに誘導できていない」など、そのページの課題を洗い出し、どこをどのように変えれば課題を解決できるか仮説を立て、施策を決めます。

施策を実施したら、本当に仮説どおりに改善されているのか検証を行います。

ゴールとなるページ

ゴールとなるページとは、「資料請求」や「お問い合わせ」「購入」など、ホームページの目的が達成されるページのことです。コンバージョンページとも言われます。

資料請求フォームがあるページまで来ているのに資料請求しないで別のページへいってしまう(またはホームページを離れてしまう)といった問題がある場合、それが改善できれば高い効果を得られます。

「本当に資料を請求して大丈夫か不安になっている」「フォームが使いにくい」「フォームの項目数が多い」など、ゴールとなるページにはいろいろな課題がひそんでいます。

ゴールとなるページを訪れた人の気持ちになって、どこに問題があるのか仮説を立ててみましょう。

ゴールとなるページに近いページ

ゴールとなるページに近いページとは、ゴールとなるページに訪れる人がその直前に見ているページのことです。

例えば資料請求ページに訪れた人が、そのひとつ前に見ていたページは、「資料請求をしようかな」という意思決定に影響を与えています。

そのため、そのページを改善することで、資料請求ページへの遷移を増やすことができたり、資料請求自体を増やしたりすることができます。

アクセス解析を使って、ゴールとなるページに近いページがどれかを確認してみましょう。そしてそのページをどのように改善すれば、ゴールとなるページにうまくつなげられるか検討してみてください。

このように、ホームページを改善する場合は、ページ単位で見直して、効果の高いページから優先的に行っていきましょう。

ページの一番上へ

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

HP初心者むけ
集客できる
ホームページの作り方

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。