経営者向けのメルマガ『経営塾』

ビジネスに不可欠なHPでの情報収集方法とは

今回も、最近【ブログdeホームページ】に寄せられたご質問にお答えし
てみようと思います。

お客さまからのご質問

ホームページ作成についてお伺いしますが、御社のシステムで、ホー
ムページにアクセスした人の情報収集はできるのでしょうか。

例えば、アクセスした人数や時間帯、お名前や連絡先などです。

ホームページ作成をすることは決めましたが、なにぶん初めてなも
ので、なかなか進まなくてすみません。

どうぞよろしくお願いいたします。

やはり、ホームページをビジネスに活用しようとすると、こうした情報
収集のことが気になるのは当然ですね。

とくに初心者ですと、このあたりが何ともよくわからないところかと思
いますので、ちょっとご説明してみましょう。

ホームページの情報収集

この方のご質問は、

ホームページ作成についてお伺いしますが、御社のシステムで、ホー
ムページにアクセスした人の情報収集はできるのでしょうか。

例えば、アクセスした人数や時間帯、お名前や連絡先などです。

というものでしたが、「アクセスした人数や時間帯」についてと「お名
前や連絡先」については、情報収集の方法がまったく異なります。

まず、「アクセスした人数や時間帯」は、

アクセス解析

という機能を使用すると調べることができます。

アクセス解析でわかるのは、次のような情報です。

ホームページのアクセス者が……

・いつ来たか

・どこから来たか

・何人来たか

・どの時間帯に来たか

・どんなキーワードで来たか

・アクセスしたのはパソコンかスマホか携帯か

・最初にどのページへ来たか

・何ページ見たか

・そのページに平均何分いたか

・初めて来たのかリピーターか

これらは、アクセス解析でわかることのほんの一部です。

高度な機能を備えたアクセス解析では、もっと詳細な情報を得ることも
可能です。

ただ、あまりたくさんの情報があっても活用しきれませんので、最低限、
上記の項目くらいがわかれば十分でしょう。

こうした情報は、「ホームページの改善」のために使います。

たとえば「どんなキーワードで来たか」を調べると、

狙っているキーワードでのアクセスよりも、こちらが想定していな
かったキーワードでのアクセスが多い

などということがわかります。

その場合は、それを踏まえてキーワードを変更する、といったような改
善につなげることができるのです。

フォーム機能の活用

一方、「アクセスした人のお名前や連絡先」のような個人情報は、アク
セス解析で集めることはできません。

これらは、

フォーム機能

を使って、アクセス者ご自身の意思で入力して送信していただく必要が
あります。

御社のホームページへアクセスした人は、御社のサービスや商品に何ら
かの興味を持ってくれた人です。

ご商売をされていれば、そうしたお客さんの名前や連絡先などは、喉か
ら手が出るほど欲しい情報でしょう。

しかし、ただ単に「名前を教えてください」と言っても誰も教えてくれ
ませんよね。

ですから実社会でも、「アンケートに答えてくれたら◯◯をプレゼント」
「ポイントカードへの会員登録」など、あの手この手でお客さんの情報
を集めています。

これはホームページでも同じことです。

ホームページでは、

・問合せフォーム

・資料請求フォーム

・ガイドブック請求フォーム

・セミナー申込みフォーム

といった名目で、お客さんに情報を入力してもらうことができます。

こうした情報を活用すればご商売に結びつけられますから、ビジネスで
使用するホームページには、フォーム機能が必須といえます。

もちろん、個人情報の取り扱いには一定のルールがありますので、それ
は順守しましょう。

ただし、フォームで情報を入力してもらうには、いろいろなテクニック
が必要なのですが、それはまた別の機会にお話ししますね。

今回は、ホームページを活用すると、ご商売に役立つさまざまな情報を
集められる、ということを覚えておいてください。

ホームページをまだ作成されていない方は、ぜひ参考にしてみてくださ
いね。\(^^)√

ページの一番上へ

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

新型コロナに負けるな!
コロナ時代
ホームページ集客法

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。