あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

ソーシャルメディアが伝えた「事件」

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2010年4月12日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 5 分

先日、こんな「事件」がありました。

▼携帯電話のメール、ネットで一気にデマ拡大
原宿・竹下通りがパニックに(産経新聞)

http://bit.ly/auSqdi

※URLは短縮しています。

「アイドルグループがいる」という噂が広まり、多数の若者が東京・原
宿の竹下通りに殺到して大混乱となった、というもの。

ニュースやワイドショーなどでも取り上げられたので、ご存知の方も多
いと思います。

流言飛語による騒動というのは昔からあり、ネットが普及してからも、
事実無根の「チェーンメール」が原因で、銀行の取り付け騒ぎに発展し
た、ということがありました。

そして今回の場合、「ソーシャルメディア」が少なからず影響している
ものと考えられます。

「ソーシャルメディア(social media)」というのは、誰でも参加する
ことができる情報共有媒体のこと。

「ブログ」をはじめ、「mixi(ミクシィ)」「Youtube(ユーチューブ)」
等が、ソーシャルメディアの代表例です。

これらのメディアはパソコンだけでなく、携帯などを使って、どこにい
ても手軽に情報発信できるのが特徴です。

そうしたソーシャルメディアのうち、利用者が急増している「twitter
(ツイッター)」が、今回の騒動を拡大させるのに一役買ったのではな
いか、と言われているのです。

短時間で一気に広まった「噂」

twitterの機能に「リツイート」というのがあります。

たとえば、誰かが

「竹下通りに○○がいるらしい」

とtwitterに書き込んだとします。

すると、それを見た他の人が

「RT 竹下通りに○○がいるらしい」

というように、ある人が書き込んだ文章を、自分の書き込みにそのまま
転載できる機能です。

転載することを表す「RT」という記号を付ければ、まったく知らない
人の書き込みでも自由に転載してよいことになっています。

つまりこの機能を使うと、twitterのユーザーなら誰でも、他人の書き
込みを他のユーザーに「広める」ことができるのです。

リツイートは、繰り返されているうちに最初にそのことを書き込んだの
が誰なのか、それが本当のことなのか、わかりにくくなっていきます。

結果的にその場にアイドルグループがいたという事実はなく、まったく
の「噂」に過ぎませんでした。

しかし、twitterの書き込みを読んだだけでは、その情報が確かなもの
なのかどうか、判断することはまず無理だったと思います。

事件を「生中継」したライブ動画

一方、この混乱の様子を速報したのもソーシャルメディアでした。

twitterは携帯などで撮影した写真もアップロードできるのですが、中
でもこの写真はその状況をよく伝えています。

▼竹下通りがパニックなう。

http://twitpic.com/1az6wc

噂を広めたtwitterが、今度はその噂によって引き起こされた混乱を伝
えるというのですから皮肉なものです。

また、この様子は「写真」だけでなく「動画」でも伝えられました。

▼竹下通り大パニック

http://twitcasting.tv/satovi/movie/81330

たまたま、この通りに面したビルにオフィスがあったIT企業の社長さ
んが、その様子をiPhoneで撮影、「ライブ動画配信サービス」を通じて
公開したのです。

まさに、目の前で起きている事件を「生中継」したわけで、テレビのニュー
スやワイドショーなどでもこの動画が使われていました。

このような、今撮影している動画をリアルタイムで公開できるサービス
もソーシャルメディアの一つです。

動画撮影機能がついた携帯電話やWEBカメラ、そしてインターネット
につながる環境さえあれば、誰でもこうしたことができます。

このように今回の「事件」は、奇しくもソーシャルメディアの広がりと
その影響力を世に知らしめるものとなりました。

と同時に、携帯などを通じてさまざまな情報が手軽に入手できる時代だ
けに、情報の判断スキルが今まで以上に必要とされます。

まずはそうしたメディアの本質を知るためにも、積極的にツールを使い
こなしていかなくては、と改めて感じた次第です。

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

メルマガの読者獲得コストとコメントの工夫

本日は会員さんから頂いた、メルマガの成功事例をご紹介します。 会員さんのご報告   あきば…続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(12月19日現在)

  12月 1月 2月 3月
残り 20件 75件 80件 80件
12月は残り20件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。