経営者向けのメルマガ『経営塾』

確認しよう!成功する求人ページの作り方(その2)

今回は前回に引き続き、「成功する求人ページの作り方」をご紹介していきます。

求人サイトに掲載したい項目チェックリスト

前回は、以下のチェックリストの中から、1~3の詳細を解説しました。

【求人サイトに掲載したい項目チェックリスト】

  • 企業理念/ビジョン
  • 代表者からのメッセージ
  • 社員インタビュー
  • 求める人物像
  • 仕事の内容
  • 研修/人材育成制度/キャリアパス
  • 応募要項
  • 応募方法
  • 採用までの流れ
  • 会社概要
  • 事業内容
  • 企業文化/働く環境/福利厚生
  • よくある質問

今回は、4~6を詳しく解説していきます。

4.求める人物像

企業の求める人物像を明記しておくことは、前回解説した「企業理念やビジョン」と同じく、自社に合った人材を採用するために重要なポイントです。

求める人物像には、
 

  • 企業理念やビジョンと整合性が取れていること
  • 会社の都合だけに偏りすぎないこと

に気をつけながら、リアリティのある人物像を書くようにしましょう。

5.仕事の内容

仕事の内容は、募集する職種に応じてなるべく詳しく、具体的に記載します。

例えば、カスタマーサポート職の募集をかけるとしましょう。このとき「仕事内容:自社サービスの案内業務」の一言では、具体的にどのような仕事をするのか想像できません。

そうなると、求職者は「自分のレベルや希望にあった仕事か」を判断できず、応募をためらってしまいます。

仕事内容には、実際にその職務についている人に仕事内容を聞き取り、求職者が応募しやすいと思われる項目を記載しましょう。

たとえば、カスタマーサポート職であれば、最低限、以下の内容は必要でしょう。

  • 自社サービスとはどのようなものか
  • 対応するツールは何か(電話、メールなど)
  • 対応する客層(購入前、購入後など)
  • 対応する内容は何か(操作方法、購入前の質問など)

また、「社員の一日」のようなコンテンツを作ると、仕事の内容がより具体的にイメージしやすくなり、他の求人サイトと差別化にもなります。

6.研修/人材育成制度/キャリアパス

前項の「仕事の内容」に加えて、研修や人材育成制度、将来的なキャリアパスが明記されていると、求職者はより安心して、さらに期待を持って応募できます。

もし将来的な業務やポジションなどがある程度決まっているなら、入社段階の仕事内容に加えて、キャリアアップ後の姿を一緒に書いておきましょう。将来像をイメージしやすくなるので、求職者の応募意欲が高まります。

また「未経験歓迎」や「初心者OK」のような求人では、研修があることやその内容を明記すると説得力が増します。

「うちの研修はOJTのみ」という場合でも、最初は先輩が一緒についてくれるなど、入社後の慣れないときにどのようなフォローがあるかを書いておきましょう。

研修・人材育成制度・キャリアパスは、求職者にとって興味のある部分なので、できるだけ具体的に詳しく書くのが大切です。

それでは本日は以上です。次回も、今回に引き続き、求人サイトに掲載したい項目7~13の詳細を解説していきます。お楽しみに。

ページの一番上へ

初めてホームページ作成する方へ

初めての方へ

初めてのホームページを作成する際に失敗しない勘所をご紹介。自作であれ、制作会社に依頼する場合であれ、ここだけは押さえて欲しいポイントをまとめました。

低コストでHP作成したい方へ

低コストでHP作成をしたい

ホームページを作成予定の方に、低料金でホームページを作る方法をご説明します。なるべく低料金でホームページ作成をしたい方は、ぜひご覧ください。

ちゃんとしようキャンペーン

経営塾

ホームページ作成入門
ホームページ改善
コンテンツ作成ポイント
コンテンツの考え方
反応アップ文章術
デザインテクニック
更新テクニック
ホームページ集客術
アクセスアップ入門
SEOノウハウ
SEO事例集
メルマガ活用ノウハウ
ソーシャル活用
インターネットのトレンド情報
検索エンジンニュース
経営ノウハウのポイント
年度別バックナンバー
初めてHPを作る方へ
低コストなHPの作り方
低コストな集客支援のホームページ作成サービス

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

HP初心者むけ
集客できる
ホームページの作り方

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。