あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

ブログメルマガ

検索サイト対策用キーワードの選び方

前回のメルマガで、

「ブログは、検索サイト対策用キーワードを仕込みやすい」

と言う話をしましたが、とはいえ、そもそも対策するキーワードの選択
を間違えると、全くアクセスアップにつながりません。

意外とみなさん、

・全く検索されないようなキーワードで、一生懸命にSEO対策を
行っってしまう

という間違いをしている人が少なくありません。

そこで今回は、検索サイト対策に有効な「キーワードの選び方」につい
てご説明しようと思います。
●よくある間違い : 商品名で勝負?

みなさんがよく間違うのは、“自社が売り出したい・アピールしたい商
品名”をキーワードに選んでしまうというパターンです。

なぜこのようなキーワードでは駄目なのでしょうか。それは、“検索す
る人が誰もいない”キーワードだからです。

御社の商品がどんなに素晴らしくても、

「新規のお客さん」

を集める場合、お客さんは御社の「商品名」を知りません。

御社のことを知らない「新規客」を集めたい訳ですから、当然、御社の
「商品名」のことも知らないのです。

その結果、御社の「商品名」で検索する人は「誰もいない」ということ
になる訳です。
●キーワード選びの基本的な考え方

SEO(検索サイト対策)を行う時の大原則は、

・お客さんが検索に使いそうなキーワードを選ぶ

ということです。

「有名企業」や「有名商品」の場合は、お客さんはそうした「会社名」
や「商品名」で検索を行いますが、一般の中小企業の場合、そうもいき
ません。

自社の「商品名」や「会社名」ではなく、「お客さんが検索しそうなキー
ワード」を選びましょう。

そして、「お客さんが検索しそうなキーワード」を選ぶヒントは、

・お客さんの立場に立つ

ことにあります。

お客さんは自分の「悩みを解決する情報」を求めて検索を行います。従っ
てお客さんの立場に立って、お客さんの悩みが想像できれば、お客さん
が検索で利用するキーワードを見つけることができるのです。

ただ意外と、この「お客さんの立場に立つ」というのは難しいです。

「お客さんの気持ちになって」とか、「お客さんのニーズをくみ取って」
とか、マーケットの世界ではよく言われますが、これが結構難しいので
す。
(→ 後半に続く)

_________________________________

◆お知らせ◆ ガイドブック無料プレゼント!
_________________________________

★☆インターネット限定 無料プレゼント☆★

社長限定!
30分でわかる 『ブログ入門』
http://www.akibare-hp.jp/guidebook/hp/

経営者さん向けに、

・ブログとホームページの違い
・ブログを商売につなげるポイント
・ブログをどういう用途で利用すればいいか

をわかりやすく「経営者の言葉で」解説したガイドブックです。

無料プレゼントのお申込はこちらをクリック!
http://www.akibare-hp.jp/guidebook/hp/

_________________________________
(→ 前半より続く)
●お客さんの立場にたって考えると・・・

「お客さんのが検索に使いそうなキーワード」を選ぶ際の、ケーススタ
ディーとして、仮想の「あきばれ薬局」で考えてみましょう。

あきばれ薬局では、「肩こりの薬・あきばれZ」をネット経由で販売し
ようと考えています。まずはアクセスを集めなければなりませんから、
早速検索キーワードを検討することにしました。

先ほどもご説明したように、間違っても商品名「あきばれZ」をキーワー
ドにしてはいけません。「あきばれZ」という商品名で検索する人はそ
れほど多くはないですから、商品名以外のキーワードを選びましょう。

さて、肩こりで悩んでいる人は、どんなキーワードで検索するでしょう
か。

薬局の立場としては、

・「肩こり 薬」

というキーワードがすぐに思いつくと思います。

普通の薬局の場合なら、ここでキーワードの洗い出しが終わりなのです
が、お客さんの立場に立つと、もう少し違ったキーワードも考えられま
す。

例えば、

・「肩こり マッサージ」
・「肩こり 治療」
・「肩こり 解消法」
・「肩こり 体操」
・「肩こり ストレッチ」
・「肩こり 原因」
・「肩こり つぼ」
・「肩こり 解消グッズ」
・「肩こり ネックレス」
・「肩こり 病院」
・「肩こり 対策」

などなど、お客さんの立場に立つと、色々なキーワードが考えられます。

「肩こりに効く薬を探している」人は、「肩こり + 薬」というキーワー
ドで検索するのでしょうが、肩こりを薬以外で和らげたい人は、「マッ
サージ」や「治療」、「解消法」や「ストレッチ」というキーワードで
検索することでしょう。

また、肩こりそのもに関して情報を集めたい人は、「解消法」や「原因」、
あるいは「対策」や「解消グッズ」というようなキーワードを選ぶと思
います。

そして、もしこういうキーワードを思いつくことができたら、そのキー
ワードで対策したページをブログ上に用意しましょう。

肩こりに効く「薬」のページとは別に、

・肩こり治療のポイント

とか、

・おすすめの肩こり解消法

などの、ページを用意するのです。

薬を紹介する前に、こうしたページにまずアクセスしてもらい、それか
ら目的に「薬ページ」へと誘導するという流れがお勧めです。

「肩こり+薬」だと、薬を探している人しか集められませんが、「肩こ
り+解消法」だと、もう少し広い人を集めることができます。もう少し
広い人を集めて、その人達に「肩こり薬」の有効性を教えてあげればい
いのです。

このように、お客さんの立場に立って、お客さんが使いそうなキーワー
ドを選ぶことができれば、もう少し違った視点でホームページのSEOを考えることが
できると思いますよ。(^^)V

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

問い合わせ10倍!「社長のホームページ入門」無料ガイドブックプレゼント

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(7月25日現在)

  7月 8月 9月 10月
残り 5件 60件 80件 80件
7月は残り5件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。