【初心者向け】ホームページ集客!SEOとネット広告のやり方と基本 - あきばれホームページ作成
あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

【初心者向け】ホームページ集客!SEOとネット広告のやり方と基本

  • ホームページ
  • マーケティング戦略
【初心者向け】ホームページ集客!SEOとネット広告のやり方と基本

ホームページはただ作るだけではなく、集客を行うことが必要です。
なぜならホームページに誰も訪問してくれなければ、そこからお問合せや注文が発生することもないからです。

ホームページで成果を出すためにも、集客の手を打っていきましょう。

そこで本記事ではホームページにどのようにユーザーを集客すれば良いのか、初心者でも知っておくべき知識について紹介します。

大きく分けて、SEO、ネット広告の2つの集客方法がある

大きく分けて、SEO、ネット広告の2つの集客方法がある

まず、ホームページ集客の方法は、SEOとネット広告の2つに大別することができます。

SEOとは、検索エンジンの検索結果で上位表示を目指す対策です。
Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで、特定の検索キーワードで検索されたときに上位表示させてアクセスを獲得する方法を指します。

ネット広告とは、検索エンジンの検索結果に表示されるリスティング広告や、他のホームページやSNS等の広告枠を買い取って掲載する広告などがあります。

ネット広告の種類は様々ありますが、掲載された広告からアクセスを獲得する方法です。

では、「SEO」と「ネット広告」の2つの集客方法について詳しく説明していきましょう。

SEOによる集客

SEOによる集客

まず、SEOによる集客について説明します。SEOは日本語で「検索エンジン最適化」と呼びます。つまり、検索エンジンが上位に来るようにホームページの内容を作ることがSEO対策です。

日本における「検索エンジン」とは

日本では、検索エンジンのシェアをYahoo!とGoogleが合計で9割以上獲得していると言われています。

また、Yahoo!はGoogleの検索アルゴリズムを採用しているので、Googleで上位表示できるホームページを作ることがSEOによる集客です。

どうすれば検索で上位に表示されるのか

では、どうすれば上位に表示されるようになるのでしょうか。もちろん、細かいテクニックやノウハウは存在しますが、一番重要なのはユーザーの役に立つホームページを作るということです。

例えば、サイトの中にユーザーの役に立ちそうな情報が無かったり、作ったきりで何年も放置されていたりするホームページは、Google!の検索ロボットに「ユーザーの役に立たない」と思われてしまいます。

そうならないためにも最低限行いたいのが、「コンテンツを増やす」「更新する」という2つです。

1.コンテンツを増やす

1.コンテンツを増やす

コンテンツとはサイト内の記事のことを指します。ユーザーの役に立つ記事ならば、すべてSEOに貢献する可能性があります。

ただし、2018年現在、SEOで評価されるのは文字だけで、サイト内の画像や動画が検索順位に影響することは無いと言われています。ユーザーの役に立つ「文字」の記事を増やすようにしてください。

2.更新する

2.更新する

更新は大切ですが、更新頻度とSEOについては直接の相関関係は無いと言われています。

ただし、ユーザーの役に立つ情報でも、情報が古くなってしまえば役に立たなくなってしまいます。

例えば、京都の美味しいお店をまとめた記事を書いても、数年もすればそこで紹介しているお店が無くなったり、移転したりしているかもしれません。

情報が古くなればユーザーに役立たなくなってしまうので検索順位も下がってしまいます。

コンテンツは一度作ったら終わりではなく、常に鮮度を保つために更新することを心がけてください。

SEO集客のメリット

SEOにより集客するメリットは、コストパフォーマンスの良さです。

ホームページのコンテンツを増やすだけなら手間さえかければ自社だけでできますし、検索順位が上がっても販促費があがることはありません。

また、検索アルゴリズムの大幅変更でもない限り、検索順位が急激に変更されることはないので、一度上位に表示されると安定的なアクセスを確保できます。

SEO集客のデメリット

コスパが良い一方で、すぐにアクセス数を増やすのは困難です。

コンテンツをこまめに増やして更新して、やっと検索順位が上がるのがSEOです。

また、コンテンツを増やしても的外れな方法でコンテンツを増やしていればいつまでたっても検索順位が上がらない可能性もあります。

ネット広告による集客

ネット広告による集客

次にネット広告による集客について説明します。ネット広告には様々なバリエーションが存在しますが、初心者が押さえておきたいのがリスティング広告とSNS広告です。

リスティング広告とは?

リスティング広告は検索エンジンの広告枠に広告を掲載する集客方法です。

下の結果はGgoogleで「WEB集客」と検索した結果をキャプチャしたものですが、上の4つはサイトのURLに「広告」と表示されていることがわかります。

リスティング広告とは?

これはGoogleが用意している広告枠で、この広告枠を購入して集客するのがリスティング広告です。

Yahooにも同様の広告枠が設けられています。広告掲載者はキーワード毎に入札方式で広告を掲載できます。

SNS広告とは?

もう1つ注目したいのがSNS広告です。

SNSのタイムラインにフォローしているアカウントの投稿に紛れて、企業の広告が紛れていることがあります。

例えば、下の画像はTwitterのタイムラインに掲載されている広告ですが、一番下に「プロモーション」と記載されています。

これはTwitterが設定している広告枠です。このような広告枠はTwitterだけではなく、Facebook、Instagramなどにも設けられており、これらをSNS広告と呼びます。

SNS広告とは?

ネット広告集客のメリット

ネット広告は、広告枠さえ購入すればすぐに集客ができます。

よって、できて間もないホームページや、SEOで上がりにくいランディングページという1枚物のページでもアクセスを獲得することができます。

また、ネット広告は、何人の人がその広告を見て、そのうち何人がアクセスしてくれたのかが広告ツールによって可視化されており、広告効果を分析・改善しやすい特徴があります。

ネット広告集客のデリット

ネット広告は「広告」なので掲載するためにはお金が必要になります。

広告の料金形態は様々なパターンがありますが、例えばリスティング広告は広告が掲載されてクリックされた回数に応じて課金されます。

SNS広告の課金方法は媒体と広告の種類によって様々です。
例えば、ユーザーが広告を見た回数(表示開花数)に応じて課金される広告もありますし、クリック回数に応じて課金される広告もあります。

掲載方法を工夫すれば、広告のコストパフォーマンスを上げることができますが、どうしても一定の所で頭打ちとなります。

SEOとネット広告の使い分け方

SEOとネット広告の使い分け方

では、ホームページ集客においてSEOとネット広告はどのように使い分ければ良いのでしょうか。

オーソドックスな使い分け方が、ネット広告で短期的なアクセスアップ、SEOで長期的なアクセスアップを狙う方法です。

ホームページを開設したばかりの頃は、まず広告によってアクセスを集めて、広告で問い
合わせを発生させて売り上げを作ります。

その間にコツコツとサイトのコンテンツを増やして徐々にSEOによるアクセスを増やして、だんだん問合せ一件あたりのコストを下げるというのが王道の集客方法です。

もちろん、SEOにより検索順位があがった後もネット広告も掲載し続けて、営業利益率ではなく売上額を上げるという方針も良いでしょう。

いずれにしても、両方を上手く使い分けて問い合わせを発生させる工夫が必要です。

ホームページへの集客方法のまとめ

ホームページへの集客方法のまとめ

以上のようにホームページへの集客方法について説明してきました。初心者が押さえておくべき集客方法はSEOとネット広告で、この2つさえ使いこなせばホームページのアクセス数を増やすことができます。

SEOは長期的にアクセス数を狙う集客方法で、ホームページ内のコンテンツを充実させて、定期的にホームページを更新する方法です。

検索エンジンの検索順位を上げて、検索経由でのアクセス獲得を目指します。

一方で、ネット広告は、検索エンジンの検索結果の広告枠やSNSのタイムラインの広告枠に広告を掲載してアクセスを増やす方法です。

広告掲載のルールは各媒体によって異なりますが、ネット広告は全般的に成果がツールによって可視化されています。
きちんと分析すれば広告の費用対効果を改善することが可能です。

長期的にアクセス数を伸ばしたい場合はSEOによる集客、すぐにアクセスが欲しい場合はネット広告による集客というのが一般的な使い分け方です。

ぜひご状況に合わせて、取り組んでみてください。