経営者向けのメルマガ『経営塾』

スマホサイトは電話をかけられるように

さて、今週は「スマホサイトは電話をかけられるようにしておこう」と
いうテーマでお話したいと思います。

スマホを持つようになってから、「何かわからないことがあれば、すぐ
検索」という行動様式が、当たり前になりました。

  • 話題のニュースについて知りたい→検索
  • 今年の桜はいつごろが見ごろだろう→検索
  • これから2次会、どこに行く?→検索
  • 今日訪問する事務所の場所がわからない→検索
  • 歯が痛い・・あの歯医者さん何時までだろう→検索

スマホをお持ちのみなさんは、心当たりがあるのではないでしょうか?

パソコンだけでインターネットをしていたときは、わざわざパソコンを
起動しないとできなかったことの多くが、今は手元の小さな画面ででき
るようになりました。

スマホサイトから電話をかける

さて、例えば、「これから2次会、どこに行く?」と、検索した結果、
ホームページを見た人は、

  • 直接お店に行く
  • 電話して、空席の状況を確認する
  • 電話して、予約する

などの行動を起こすことが想像できます。

お店がわかりにくい場所にあれば、

  • 電話して、お店の場所を聞く

ということもあるかもしれません。

そもそも「電話」であるスマホでは、ホームページを見てそのまま電話
で問い合わせる、ということがしやすいという特徴があります。

特に、

「飲食店」「美容院」「リラクゼーションサロン」「病院・医院」

など、店舗来訪が必要なサービスでは、「スマホサイトから電話問い合
わせ」をしやすくしておく工夫が必須です。

「タクシー会社」「ゴルフ場」「宿泊施設」「エステ」

など、予約して利用したいサービスなども同様に「スマホサイトから電
話問い合わせ」が活躍する業種と言えるでしょう。

電話発信用リンクを設定しておこう

スマホサイトには「電話発信用リンク」という仕組みがあります。

スマホサイト内のボタンや文字列をクリックすると、そのまま電話をか
けられる機能です。

「電話番号をメモして、入力してかける」という面倒がなく、クリック
すればすぐに発信することができるので、電話問い合わせの敷居が下が
ります。

スマホサイトにはぜひ、この「電話発信用リンク」を設定しておきまし
ょう。

弊社で制作したスマホサイトの場合、すべてのページの右上に電話用の
ボタンを用意しています。

また、お問い合わせフォームや会社概要など、ページ内のあちこちに電
話番号が書かれたボタンを配置しています。

例)スマホでご覧になってみてください
http://www.akibare-shika.jp/

  スマホをお持ちでない方はこちらでサンプルをご覧ください
http://seitai-sample.wms-sample.com/?sp=true

右上の電話アイコンがわかりましたでしょうか?

「電話アイコン」があることで、電話帳のかわりにスマホサイトを開い
て電話する人もいて、再訪につながるケースもあります。

スマホサイトならではの特徴をつかんで、より、ホームページの効果を
高めていってくださいね。

まとめ

  • スマホの普及で「まずスマホで検索」が普通になった
  • スマホサイトは電話問い合わせにつながりやすい
  • 電話番号発信リンクを設定しておこう

なお、スマホサイトについては、下記ページでも詳しく解説しています。
お時間のあるときにご覧になってみてください。

スマートフォンサイト作成入門
http://www.akibare-hp.jp/smartphone/

ページの一番上へ

初心者むけビジネス用ホームページ作成支援サービスの詳細はこちら

経営塾

ホームページ作成入門
ホームページ改善
コンテンツ作成ポイント
コンテンツの考え方
反応アップ文章術
デザインテクニック
更新テクニック
ホームページ集客術
アクセスアップ入門
SEOノウハウ
SEO事例集
メルマガ活用ノウハウ
ソーシャル活用
インターネットのトレンド情報
検索エンジンニュース
経営ノウハウのポイント
年度別バックナンバー
初心者でも低コストにお客さんを集客できるホームページ活用法 無料ガイドブックはこちら
初心者むけビジネス用ホームページ作成支援サービスの詳細はこちら

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

新型コロナに負けるな!
コロナ時代
ホームページ集客法

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。