あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

数値の把握がホームページ改善の第一歩!(後編)

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2016年9月8日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 4 分

本日は以前お話しした「数値の把握がホームページ改善の第一歩」の後編をお話しさせていただこうと思います。

前編では

  • 見込み客の数と成約率
  • ホームページへの訪問者数とコンバージョン率

を指標として把握し、数値目標を決めていきましょう、というお話をしてきました。

まだお読みいただいていない方は、ぜひ、前編を読んでいただいてから後編をお読みください。

  ▼数値の把握がホームページ改善の第一歩!(前編)
  https://www.akibare-hp.jp/ml/numericvalue-grasp-1/

それでは、さっそくいきましょう。
見込み客の数と成約率、訪問者の数とコンバージョン率、これらの数字は、どこから改善に取り組んでいくのがよいでしょうか?

まずは成約率をあげる

すでにある程度、ホームページから見込み客を獲得していて、成果につながっている場合は、数値の低いところを重点的にアップすることで、成果を増やしていけます。

どの数値も弱いという場合、まずは成約率のアップから取り組みます。

前編でも例にあげた、ホームページから無料相談を受け付けて、無料相談をした人に商品を購入してもらう、というケースについて考えてみましょう。

無料相談から商品を買ってもらう「成約率」が低いままだと、いくら無料相談の数を増やしても、顧客は増えません。

成約率が一定に達していれば、見込み客を増やすせば顧客が増え、売上があがっていきます。

無料相談が商品の購入にまったくつながらない場合、その原因を探らなければいけません。

原因は、電話対応や営業マンの対応にあるかもしれませんし、そもそも、見込み客の獲得方法自体が商品と合っていないのかもしれません。

次にコンバージョン率をあげる

成約率がある程度まで達している場合は、次にホームページでのコンバージョン率をあげていきます。

無料相談のコンバージョン率が低い場合、無料相談の数(見込み客の数)を増やすため、どんどん訪問者数を増やさなくてはいけません。

  • 100人訪問して、無料相談1件のホームページ
  • 1,000人訪問して、無料相談1件のホームページ

があったとして、広告を出して訪問者を10,000人に増やしたとき、前者はお問い合わせは100人に増えますが、後者は10人にしかなりません。

コンバージョン率は工夫によって改善できる

ホームページでのコンバージョン率は、工夫によって改善できる余地があります。

ナビゲーションやコンテンツ、デザイン、キャッチコピー、フォームの項目など、たくさん改善のポイントがあります。

コンバージョン率が高まれば、あとは、広告などに多少お金を使って訪問者を増やすこともできます。

順番が逆だと、お金だけ使って効果がでない、ということになりかねないので注意が必要です。

以上、2回に渡って、ホームページ改善のための数値についてお話してきました。

アクセス解析や見込み客の数などは、なんとなく増えた減っただけチェックしがちです。

現状と目標を数値化して、やるべきことは何か・何から取り組むかを洗い出すことが改善の第一歩です。

ぜひ、取り組んでみてくださいね。

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

\便利!/ホームページの作成や運営に役立つGoogleサービス

今週は、前回に続いて、Googleが提供する便利なサービスについてお話します。 ホー…続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(5月29日現在)

  5月 6月 7月 8月
残り 5件 70件 80件 80件
5月は残り5件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。