あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

SEO対策 お悩み相談室

トップページにあるSEOテキストの効果について

関連情報:最新SEO情報

2013年7月18日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 2 分

今回のご相談

現在トップページのヘッダー下部にのみ文字を何行かにわたりテキストをいれているのですが、これはSEOの面で有効なのでしょうか?

全ページに共通して表示されるので、「同じ文書の繰り返し使用と見なされる、4行以上は多すぎる、といった話も聞いたのですが、どう考えればいいのでしょうか?

行数を減らした方がいいのでしょうか?

村重からの回答

ご相談者が「ヘッダー下部」とおっしゃっているのは、トップページのヘッダー画像(メイン画像)の下にあるテキストエリアのことで、ここにサイトの説明文を入れてあります。

この部分にテキストを入れるのは、ある程度のSEO効果はあるでしょう。

この部分に含まれているキーワードで、検索結果ページに表示されるケースもよくあります。

また、行数を減らしたほうがよいか、という点ですが、行数を減らす必要があるのは、

  • 全ページにわたってヘッダー下部に同じ文章がある場合
  • ヘッダー下部の文章量がページ全体の文章量の大半を占めてしまう場合
  • ヘッダー下部が明らかに長すぎて、見づらい場合

といったケースです。

とくに、この部分がトップページを含む全ページ共通になる場合は、全ページに同じ文章が入ってしまうことになるため、ご相談者がおっしゃるように、「同じ文書の繰り返し使用」と見なされる可能性があります。

しかし、トップページとサブページで、ヘッダー下部の文書内容が異なっていれば、トップページのヘッダー下部の文書量が少し増えても問題ないでしょう。

現在SEOが効いている場合は、変更しないで様子を見ましょう。

もし書き換える必要がある場合には、検索エンジンに対してではなく、アクセス者に対して、という目線で内容を考えてくださいね。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

問い合わせ10倍!「社長のホームページ入門」無料ガイドブックプレゼント

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(4月24日現在)

  4月 5月 6月 7月
残り 3件 77件 80件 80件
4月は残り3件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。