選択科目 SEOのよくある質問

SEO対策目的の有料リンクサービス登録は危険

SEO対策目的の有料リンクサービス登録は危険

今回のご相談

現在、SEO対策のディレクトリ登録をひとつもしていないのですが、したほうがよいのでしょうか?

また、登録するとしたらどれがよいでしょうか?

教えてください。

ご回答

こちらの会員さまがおっしゃている「ディレクトリ登録」とは、いわゆる「有料リンクサービス」を指します。

有料リンクサービスとは、「月額5,000 円で500サイトからリンクしますよ」というように、金銭の授受を伴うリンク提供のこと。

SEO対策だけを目的としたものも多く、低品質なサイトから大量にリンクが張られてしまうケースが少なくありません。

以前、SEO対策と言えば少しでも多くの被リンク(外部リンク)獲得、というのがセオリーだったため、こうしたサービスを利用するケースがよくありました。

しかし、Googleは以前から有料リンクを「信用しない」と明言してきており、ガイドライン違反となる可能性が大きいもので、ペンギンアップデートの実施により、そうしたリンクの評価を下げる傾向にあります。

 <参考>ペンギンアップデートとは? マンガで分かるSEOシリーズ:ペンギンアップデート編その2「ペンギンの敵、悪徳SEOとは?」
               

もちろん、こうした有料リンクサービスの全てがダメ、というわけではありません。

しかしGoogleは、ペンギンアップデートを今後も強化していくと明言していますので、これから新規に有料リンクサービスを利用するのは避けましょう。

すでに登録している有料リンクサービスがある場合は、しばらくそのまま様子を見てください。

そのうえで、順位が下がったまま戻らない、というようなことがあったら、リンクサービスの解除も検討すべきでしょう。

なお、外部リンクそのものの価値がなくなったわけではありません。

有料リンクサービスで得られるような「作為的なリンク」の評価は低くなりましたが、「自然発生的なリンク」は重要です。

たとえば、ホームページを運営していて、多くの人に役立つオリジナルコンテンツを作成していれば、誰かにブログで紹介されたりしながら、リンクが増えていきます。このようなリンクが「自然発生的なリンク」です。

こうした質のよいリンクを増やすために、質の高いオリジナルコンテンツを作成することがますます重要になっています。

ぜひ皆さんも、ご自身のサイトのリンクを見なおしてみてください。

関連記事

選択科目

HPの基礎知識
SEO対策
SEOのよくある質問
HPコンテンツ
SNS入門
マーケティング
広告
分析・運用
無料ガイドブック