業種別講座 士業・コンサルタント
資格別

社労士のホームページに必要なトップページコンテンツ

社労士のホームページに必要なトップページコンテンツ

ホームページでアクセス者に「問合せ」や「申込み」などをしてもらうためには、トップページをどう作るかが大変重要です。

今回は、社労士のホームページを例に、用意すべきトップページコンテンツについて詳しく解説します。

1)あいさつ文と顔写真の掲載

まずは、トップページに自己紹介コンテンツを作りましょう。

具体的には、次のような3つを盛り込んだ内容にしてください。

  • ごあいさつ
  • 事務所の実績
  • 事務所のアピールポイント

また、自己紹介コンテンツには必ず笑顔の写真を掲載しましょう。

顔写真を入れることによって、ホームページの信頼感がグッとアップします。

2)メリット・特徴を掲載

御社に依頼するメリット、他事務所との違いを簡潔に書いて、詳細ページへリンクを張りましょう。

例えば、下記のように「3つの特徴」のようにポイントごとにわけて書くのがおすすめです。

「〇〇事務所の3つの特徴」

特徴1 数多くの事例でつちかったノウハウ

特徴2 迅速な対応

特徴3 豊富な知識

3)サービス内容の個別ページへの誘導

サービス内容を簡潔に記載し、それぞれのサービス内容のページに誘導します。

○●●●●●●[サービス名][個別ページへのリンク]
※一言でサービス紹介を入れます※

○●●●●●●[サービス名][個別ページへのリンク]
※一言でサービス紹介を入れます※

○●●●●●●[サービス名][個別ページへのリンク]
※一言でサービス紹介を入れます※

 ※●●●●●●などに、具体的な例を入れておいてください。

4)相談・問合せの内容を具体的に記載

どんな相談や問合せを受けつけているかを具体的に記載すると、アクセス者が問合せしやすくなります。

たとえば、

  • 新規事業を始めるにあたって、助成金の申請方法を知りたい
  • 就業規則がないとどんな問題があるでしょうか
  • 社会保険や雇用保険について相談したいのですが

といったように、よくある相談内容を具体的に書いておきましょう。

今回は社労士のトップページに必要なコンテンツについてお話ししました。

なお、社労士以外でも考え方は同じですので、ご自身の業務内容に置き換えて考えてみてくださいね。

関連記事

士業・コンサルタント

HPの作成方針
ネット集客・SEO
HPコンテンツ
マーケティング
リアル営業
紹介営業・セミナー営業
開業準備
資格別
無料ガイドブック