業種別講座 エステサロン
開業準備

自宅かテナントか?エステサロンのおすすめ開業スタイルのメリットとデメリット

エステサロンの独立開業を考えたとき、まずはどのようなスタイルでエステサロンを開業するのか決めなければいけません。

「自宅サロン」や「テナント」、「店舗の間借り」など、エステサロンの開業スタイルはいくつかありますが、予算や目的によって選ぶ開業スタイルは変わります。

そこで今回、自宅サロンやテナント、店舗の間取りなどエステサロンの開業スタイルのメリットとデメリットを紹介します。

副業や主婦なら自宅サロンがおすすめ

副業や主婦なら自宅サロンがおすすめ

本業があり、副業としてエステサロン開業に挑戦してみたいという方や、主婦で子育てをしながらエステサロン開業に挑戦してみたいという方には、自宅サロンがおすすめです。

自宅サロンであれば、完全予約制で時間を有効に使えるだけでなく、住居スペースをエステサロンとして活用できるので、初期投資が少なくて済みます。

また子育てしていて時間に制限があり、家事を優先して働きたいという場合に、自宅サロンであれば時間的に対応しやすいという点もメリットになります。

しかし自宅サロンというのは、生活感が出やすくなってしまうという点はデメリットです。

生活感が出てしまうと、アマチュアっぽさを感じてしまうため、エステティシャンとしての信頼が得にくくなってしまいます。

家族の洋服や荷物、生活臭が出やすい家具や家電などは、目につかないところに移動した方がいいでしょう。

また自宅サロンだと、セキュリティ面での心配もあります。

集客のために、自宅サロンの住所を公開することで、家族の安全が脅かされてしまうというのがネックになる方も多いです。

しかしサロンの住所を非公開にすると、集客が伸びず、経営に大きな影響を与えます。

自宅サロンだと、このようなデメリットが考えられますが、家族の協力を得て、デメリットに対処し、メリットを伸ばしていければとてもいい環境でエステサロンが開業できます。

理想のエステサロンを持つならテナントがおすすめ

理想のエステサロンを持つならテナントがおすすめ

自分の思い描く理想のエステサロンを持ちたいならテナントがおすすめです。

物件選びから、内装まで自由に決められるので、こだわりの詰まった理想に近いエステサロンを開業できるのがメリットです。

一方、テナントのデメリットは、開業コストがかかるという点です。

テナントを借りる際の敷金礼金や、内装の設備にかかるコスト、サロン運営していくなかで賃料もかかるため、利益とのバランスを見ながら、赤字を出さないように神経を使います。

またテナントで出店する際には、エステサロンのコンセプトとターゲットとなる客層をしっかり見極めないといけません。

周辺のエステサロンがどのようなコンセプトでやっているのか、料金の相場など、出店する前に事前リサーチが必要になります。

エステサロンを開業したものの、利益がないとたちまち経営が厳しくなるのがテナントです。失敗したときにダメージが大きいため、事前リサーチは綿密に行いましょう。

初期費用を抑えたいなら店舗の間借りがおすすめ

初期費用を抑えたいなら店舗の間借りがおすすめ

商業施設などの店舗の間借りでエステサロンを開業するというスタイルもあります。
店舗の間借りのメリットは、ある程度の内装が決められているので、あとはエステに必要な機材を準備するだけで済むというコスト面です。

また商業施設内の店舗を間借りする場合は、その商業施設に来店される方が見込み客になるというのもメリットになります。

通常自宅サロンやテナントは、エステサロンとしての存在を認知してもらうまでに時間がかかります。

しかし店舗の間借りだと、施設のホームページや他の間借り店舗と協力して広告費をかけずに、不特定多数のお客さんにアピールできます。

店舗の間借りのデメリットは、レンタル費用とサロンの自由度が低いところです。
テナントでサロンを出店するよりも初期費用は安くて済みますが、賃料がかかります。

また一定のスペースをレンタルする店舗の間借りは、内装など自由度が低く、こだわりを出しにくい部分があります。

しかし初期費用を抑えて、自宅ではない独立したエステサロンを出店したいという方には、店舗の間借りという開業スタイルがおすすめです。

エステサロンのおすすめ開業スタイルまとめ

エステサロンのおすすめ開業スタイルまとめ

エステサロンの開業スタイルには、大きく分けて「自宅サロン」「テナント」「店舗の間借り」の3つがあります。

それぞれにメリットとデメリットがあるため、長くエステサロンを運営していくためには、将来を見据えた開業スタイルを考えることも大切です。

開業スタイルによって、エステサロンとしてのワークスタイルやコストが大きく変わります。エステサロンを開業した後に後悔することがないように、しっかり比較検討を重ねましょう。

いずれテナントで出店したいと考えている方でも、初期費用を用意できない場合は、まず店舗の間借りでサロンを開業するなど、段階を経ていくのもおすすめです。

ライフスタイルや理想のエステサロンを目指して、自分に合った開業スタイルを選んでくださいね。

関連記事

エステサロン

HPの作成方針
ネット集客・SEO
HPコンテンツ
営業
店舗経営
サービス別
開業準備
その他
無料ガイドブック