エステサロンで独立する方法は? 開業するまでの流れと必要な準備 - あきばれホームページ作成
あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

エステサロンで独立する方法は? 開業するまでの流れと必要な準備

  • サロン・エステ
  • サロン開業
エステサロンで独立する方法は? 開業するまでの流れと必要な準備

エステサロンの独立を考えている方は、開業前にどのような準備が必要なのか、どのような流れでサロンを開業するのか気になる方も多いのではないでしょうか。

自分のサロンを開業するには、ある程度の時間をかけて準備をしていく必要があります。
事前に必要な準備と流れを把握しておくと、スムーズに自分のサロンを開業できるので、しっかり勉強しておきましょう。

そこで今回、エステサロン独立に必要な準備を開業するまでの流れに沿って紹介します。

コンセプトの設定と事業計画書の作成

エステサロン開業の1年前、遅くても6か月前から、サロンのコンセプトの設定と事業計画書の作成を行いましょう。

コンセプトの設定

コンセプトの設定

まずは、サロンのコンセプトを設定します。
サロンを開業する地域がどのようなところなのか、どんなお客様が想定されるのか、地域に合ったニーズからサロンコンセプトを決めましょう。

またサロンの周囲にある競合サロンと差別化するために、サロンの強みは大切です。

サロンのコンセプトを明確にするために、サロンの強みやどのようなお客様に来店してほしいのか、年齢層をはじめとしたお客様の人物像を決めておきましょう。

ターゲットをハッキリさせることで、悩みを持ったお客様の心に刺さるサービスを提供できます。

いろんなお客様にも来店してほしいからと、サロンコンセプトやターゲットをハッキリ決めずにいると、どのお客様にも選ばれないサロンになる可能性が高いです。

選ばれるサロンになるためにも、サロンのコンセプトをハッキリと決め、ターゲットとなるお客様の人物像を想定しておきましょう。

事業計画書の作成

事業計画書の作成

サロンのコンセプトが決まったら、次は事業計画書を作成していきましょう。

事業計画書はサロン経営においての基礎となるだけでなく、金融機関や公的機関からの融資や助成金を受ける際に必要になります。

開業資金の準備のためにも、時間や手間がかかってもしっかり作成しておく必要があります。

さらに事業計画の一環として、サロンのメニュー作りと料金設定も考えておきましょう。
エステ料金は、サロンの立地やお客様に合わせた設定が必要です。

料金を安く設定しすぎると経営が厳しくなりますし、高く設定しすぎると集客が難しくなるため、周辺サロンの相場を調査することも忘れずに行いましょう。

一度価格を決めてしまうと、開業後の値上げが難しいため、長期的なサロン運営の視点で考えることが大切です。

低価格重視で来店するお客様はリピーターにつながりにくいため、サロンの強みを生かしたエステメニューに適した料金設定を考えましょう。

コストバランスを考えた物件選び

コストバランスを考えた物件選び

エステサロン開業まで6か月までの時期には、物件選びを開始しましょう。
自宅サロンの場合は物件選びの必要はありませんが、テナントや間借りなどの場合は出店エリアや物件のイメージを固めておく必要があります。

物件選びを行う際には、開業資金を計算し、どの程度の資金を確保できるのか確認しておく必要があります。

サロンの経営スタイルや立地、サロン物件の種類によって、必要となる開業資金額は異なります。

また融資を受ける予定の場合は、融資を受ける金額以外に、どの程度用意すればいいのか考えておきましょう。

物件選びで気を付けたいポイントは、周辺の環境や、競合サロンです。

エステサロンは立地によって期待できる収益が大きく変わるため、どの出店方法でも事前に調べておくことが大切です。

またマンションの一室を自宅サロンとして開業する場合は、営業できる物件に制限があったり、近隣住民の方からの苦情があったりなど、トラブルが起こる可能性もあるので、トラブル回避のために物件選びは慎重に行いましょう。

販促計画と告知の準備

販促計画と告知の準備

エステサロン開業の2か月前から、販促計画と告知準備をはじめましょう。
制作物や外注期間を視野に入れ、広告を準備する必要があります。

広告媒体は様々な種類がありますが、予算の中で効率よく行うためには、コストの低い広告媒体から検討してみましょう。

近隣住民の集客につながる新聞折り込みチラシやポスティング、インターネットを利用した広告まで、様々な手段があります。

それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分のサロンに合った方法を選択しましょう。

またサロン集客のために、ホームページの作成がおすすめです。

ホームページは24時間サロンの魅力を伝えるツールとして活躍してくれますし、予約の確保としても必要です。

お客様が予約を入れたいときに電話予約だけだと対応できず、予約の取りこぼしが生じます。

それを防ぐためにも、ホームページに予約システムを採用し、新規の集客とリピーターにつなげるために活用しましょう。

ホームページは自分で作ることもできますし、専門業者に依頼して作成してもらうこともできます。

自分でホームページを作成する場合は、無料で利用できるサイトからはじめ、お客様の数が増えてきたら有料プランへ変更するなどがおすすめです。

スタッフを雇うための求人

スタッフを雇うための求人

自分だけでサロンを運営していくのであれば必要ありませんが、お客様の対応人数を増やしたいのであれば、スタッフの雇用も考えておく必要があります。

エステサロン開業に間に合うようにスタッフを雇用するのであれば、早めに求人を出してスタッフを確保しておきましょう。

求人を出す場合は、スタッフの条件、勤務形態、報酬など設定し、未経験者でもOKかどうかなど細かく募集条件を決めるのがポイントです

安定したエステサロン運営には、どのような人物を雇用するのかが重要です。

理想に近い人材を確保するためには、より具体的な条件を提示し、条件に合った人材から応募してもらうように工夫しましょう。

エステサロンの独立開業までの流れと必要な準備まとめ

エステサロンの独立開業までの流れと必要な準備まとめ

エステサロンを開業する際には、余裕をもってスケジュールを立てる必要があります。
時間がないと焦ることないように、早めに準備工程を考えましょう。

サロン開業までには、想像以上にたくさんの工程があります。
もちろん計画を立てて、計画通りに進めることは大切ですが、その通りにならなかったとしても一つずつ丁寧に進めていきましょう。

サロン開業の1年ほど前からスタートすれば、サロンの基盤からしっかり作ることができます。

後は集客のためのチラシやホームページ、スタッフの雇用など、サロンとして運営していくために必要な工程を確実に進めていきましょう。

無理のないサロン開業のスケジュールを立てて、理想のエステサロンを開業してくださいね。