あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

エステで独立したら月収アップ? 開業前に知っておきたいポイント

  • サロン・エステ
  • サロン開業

エステティシャンとして独立したら月収が上がる? と期待している方も多いでしょう。

成功すれば高収入にも結びつきますが、経営が軌道に乗らなければ赤字が続くことも。エステサロンを独立開業したエステティシャンの月収、実際のところを探ります。

独立したら月収が上がるのか

独立したエステティシャンは意外と稼げるのでしょうか。それはその人の腕次第です。

オーナーになれば施術の腕だけでなく、営業や経営の手腕も問われます。
向き不向きがあり、技術や人気があってもかえって独立しない方が稼げるエステティシャンもいます。

それでも一定の期間エステティシャンを務めていたら、独立して収入アップも夢見るところです。

黒字になるまでの心得から、独立後の月収をキープする方法まで、独立前に知っておきたいポイントをまとめました。

エステで独立したら月収アップ!はあなたの腕次第

月収が上がるかは、あなた次第

エステティシャンとして、正社員の平均年収が300万~400万円だといわれています。
都会や大手企業なら稼げるイメージがあるかもしれませんが、地方や中小企業だと月収15万円がやっとの会社やお店もあります。

独立開業したら月収アップするのでは? と期待する方も多いでしょうが、結局のところはその人の腕次第です。独立すればエステティシャンの技術だけでなく、営業スキルや経営センスも問われます。組織にいれば営業マンやオーナーがしていてくれた仕事も、独立すれば全て自分の肩にかかってきます。

独立という道がぴったりハマれば、成功して月収100万円、なんてことも夢ではない世界です。
自分のエステに対するしっかりしたビジョンがあれば、チャレンジする価値はあります。

独立したエステティシャンの月収って?

エステティシャンの月収っていくら?

独立開業したら、どの部分が月収になるのでしょうか。
言うまでもありませんが、売上=月収ではありません。家賃や消耗品代、開業時に借りたお金のローン、雇っている人がいれば人件費など諸々を支払って、残った自分の自由になるお金が月収です。

例えば、月に60万円の売上があっても、家賃やローン、メンテナンス費などで38万円が消えれば、月収は22万円ということになります。

独立しても最初はそのエステの認知度が低くて来客が少なく、一方で支払うお金は待ったなしですから、赤字になることも覚悟の上です。経営がうまくいかないと、雇われのエステティシャン時代よりも月収が下がった、ギリギリの生活だ、という展開もありえます。

独立しても安定した月収をキープするには?

安定した収入を得るためには

独立したらなんとかなる、では生活がままならなくなってしまいます。
自分の月収としていくら必要か、そしてエステの維持費として月々かかる費用はトータルでいくらか、あらかじめ計算しましょう。そこから、エステでの月々の売上ノルマを考えます。

例えば月70万円の売上がないといけないとします。単純計算で、客単価が7000円なら月に100人の来客が必要ということです。その100の来客のために何ができるかを次に考えます。他のエステではしていないサービスで差別化を図ったり、客単価を上げて人数ノルマを減らしたり。経営として考えられることは様々です。

雇われてノルマに縛られるのは嫌、と思っていたかもしれません。が、明確にノルマを設定し、こなしていくことが経営の安定、安定した月収には欠かせません。

独立した当初はうまくこなせないかもしれませんが、試行錯誤や努力が収入にダイレクトに影響するので、軌道に乗ればやりがいも感じられます。「無理だ」と決めつけず、自らに挑戦を課したいところです。

エステで独立、月収アップだけを目的にしない

エステティシャンとして雇われていると、待遇面で様々な不満もあるでしょう。費用がいくつか引かれていたり、歩合制で儲からなかったり、「低いランクに設定されているのでは」と上司に対して疑心暗鬼になったり。

今よりも恵まれた月収や待遇を、ということで独立を目指すエステティシャンも多いですが、誰もが成功するとは限りません。大小のエステが乱立している現在、独立すればより厳しい競争にさらされます。

独立して月収がアップしたら、新しい技術を身につけたり勉強会に行ったりと自己投資ができるか、自分の立ち上げたサロン第一で考えられるかがカギです。

仮に月収100万円を達成したとして「パーッと旅行に」というのも1回ぐらいはアリですが、あまり自分のことしか考えられないようでは経営の維持は難しいでしょう。

自分の収入アップだけを独立の目的にしないこと。まずサロン、まずお客様、で考えて行動できないと、一時的に月収がアップを達成しても他のサロンとの競合に耐えられません。

独立してすぐに月収が上がらないのは当たり前

周りの人にも見てもらいましょう

独立しても、知名度がまだないのでお客さんは少なく、最初ということで宣伝費もかかります。最初の3か月までは赤字を覚悟して開業するのが鉄則です。

黒字が出ない期間をしのぐだけの貯金はあるか、なければご主人や実家など、いざというときにサポートを得る基盤はあるか。独立前に、軌道に乗らなかった場合も見越して考えておきたいところです。

焦って開業しても「こんなつもりではなかった」と後悔するポイントが増えるだけです。どう軌道に乗せるか、独立前から経営戦略を考えていきましょう。

独立したエステティシャンの月収のまとめ

いかがでしたでしょうか。

成功すれば雇われていたときの何倍もの月収を狙えるエステティシャンの世界。
実際はオーナーの腕次第ですが、結果とやりがいが見えやすいのは強みです。

常に自分に挑戦を課して、月収アップを図ってください。

【無料BOOKプレゼント】サロン開業成功の秘訣がココに!

予約が殺到する、愛されサロンを育てたい方へ

予約が殺到する、愛されサロンを育てたい方へ

  • 開業にかかる資金は?
  • ブログって始めた方がいいの?
  • お客様はどうやって集める?

など、サロン開業の始め方、お客様の集め方が分かります。
さあ、今日から楽しいサロン作りを始めましょう!

※HPの活用方法の最新情報をメールでお届けします。
前の記事
次の記事