年収、どっちが多い?雇われエステティシャンvs独立開業したオーナー - あきばれホームページ作成
あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

年収、どっちが多い?雇われエステティシャンvs独立開業したオーナー

  • サロン・エステ
  • サロン経営
年収、どっちが多い?雇われエステティシャンvs独立開業したオーナー

エステティシャンとして働く場合、やりがいも大切ですが、収入面も気になりますよね。

雇われる立場でエステティシャンとして働くのか、自宅でサロン開業やマンションの一室で開業してオーナーになるのかによって年収は大きく変わります。

そこで今回、ケース別エステティシャンの年収について紹介していきます。

雇われエステティシャンの年収

雇われエステティシャンの年収

雇われている立場で働くエステティシャンの平均年収は、正社員で250万~300万円と言われています。

勤続年数が長くなり、サロンでの立場も上がると300万~400万円ほど稼いでいるエステティシャンも多いです。

雇われエステティシャンだと、勤めているサロンの方針によって年収は大きく異なります。
大手サロンだと物販や指名などでランクが上がり、年収も増えていくことが多いですが、個人サロンだとお給料の上がり方にも限界があります。

また雇われエステティシャンだと、サロンの決まり事を守らなければいけない、自分の意見はなかなか通らないという点がデメリットです。

さらにスタートの時点で、都会のエステサロンや大手企業が経営するサロンは高くお給料が設定されていることが多く、さらにボーナスで年収も高くなるケースがほとんどです。

一方、地方や個人サロンは月給15万円程度からスタートし、あまり稼げないお店もあります。

自宅サロン開業のオーナーの年収

自宅サロン開業のオーナーの年収

独立して自宅サロン開業のオーナーになったら、年収が上がるのではないかと期待する方も多いですが、実際にはその人の腕次第だというのが現実です。

経営者になった場合、年収300万円以下になることもありますし、一方数千万円クラスのオーナーもいます。

独立してすぐはサロンの知名度が低く、来店するお客様も少ないので、年収300万円以下を覚悟していた方がいいでしょう。

年収数千万円クラスのオーナーは、長い年月をかけてお客様を獲得し、たくさんのリピーターを抱えている状態です。

自宅の一室でサロンを開業した場合、毎月の家賃は必要ありませんが、営業や経営のスキルやセンスも必要になります。

雇われている立場であれば、営業担当のスタッフやオーナーが行っていた仕事も、自宅サロン開業のオーナーになればすべて自分で行わないといけません。

また自分でエステサロンを経営する場合、売り上げが直接月収になるわけではありません。
消耗品代や開業時に借入したお金のローン返済、スタッフを雇っていれば人件費などもかかるので、それらを差し引いて残ったお金が収入になります。

例えば、月60万円の売り上げがあった場合、ローンや消耗品代、メンテナンス代として30万円かかれば、月収は30万円ということになります。

自宅サロン開業のオーナーの場合は、知名度が上がるまで雇われエステティシャン時代よりも年収が下がると覚悟していた方がいいでしょう。

マンション開業のオーナーの年収

マンション開業のオーナーの年収

自宅をサロンとして開業する場合に比べて、マンション開業は家賃がかかるため、その分年収も下がります。

自宅サロンのオーナーと同じように、雇われエステティシャンとして働いていたころよりも年収が下がる可能性が高く、はじめは年収200万円を覚悟した方がいいでしょう。

サロンとして借りるマンションの家賃にもよりますが、最初から黒字経営できる人はほぼいません。

サロンを独立すると、お客様の数が増えていかない限り、安定した利益を出すことはできないという点を理解しておきましょう。
赤字が続いてサロン閉店に追い込まれないよう、事前に資金を準備することも大切です。

独立すれば、雇われエステティシャンより稼げるの?

独立すれば、雇われエステティシャンより稼げるの?

エステサロンの独立を考えたときに気になるのが、独立することで年収が増えるのかどうかですよね。

もちろんサロンオーナーになれば、稼げば稼ぐだけ自分の収入につながるため、雇われエステティシャンと比べると、年収が上がる可能性は広がります。

しかしサロン独立してすぐは知名度が低く、来店してくださるお客様も少ないので、赤字になることを覚悟しなければいけません。
また広告費もかかるので、入るお金よりも出ていくお金の方が多くなります。

しかし徐々に新規のお客様や、リピートしてくれるお客様が増えていくと、収入につながるため、オーナーの年収に直結します。

より早く年収を増やしたいのであれば、エステ技術はもちろんですが、サロン経営や営業に関するセミナーに積極的に参加するのがおすすめです。

広告費や宣伝費などは、サロンに合った媒体を利用することはもちろん、集客率を上げて、リピーターにつなげるために出来ることを全力で頑張りましょう。

エステティシャンの年収まとめ

エステティシャンの年収まとめ

今回は、エステティシャンの年収についてまとめていきましたが、雇われエステティシャンからオーナーになったからといって簡単に年収が上がる訳ではありません。

営業や経営のノウハウや才能がなければ、いつまでたっても雇われエステティシャンのときの年収を超えることができず、赤字も続くといったケースが多いです。
サロン独立のときは、しっかり資金を準備して余裕をもって独立してくださいね。