あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

エステサロンの開業資金、いくら用意した?30万円で開業する方法

  • サロン・エステ
  • サロン開業

エステサロンを開業するにあたって、絶対に用意しないといけない開業資金。

一体いくら用意すればいいの?なるべく安く開業するには?

開業資金の平均額と合わせて、エステサロンを30万円で始める方法もご紹介します。

エステサロンを30万円で始める方法

エステサロンを開業するにあたって、絶対に用意しないといけないのが開業資金。
一体いくら用意すれば良いのでしょう?

エステサロンを開業するスタイルによって、その金額は大きく変わります。100万、200万かかるケースがある一方、30万円でも開業スタートできるケースも!

この記事では、開業スタイルごとにかかる開業資金の平均額をご紹介。開業資金30万円でエステサロンを始める方法もお伝えします。

エステサロンの開業スタイル

エステサロンの開業スタイル

エステサロンには、大きく分けて、3つの開業スタイルがあります。

  1. 最近増えている、おうちで始めやすい自宅エステサロン
  2. 集客しやすい、商業施設内(テナント)に間借りして開業するエステサロン
  3. サロンの雰囲気にしっかりこだわりたい、賃貸マンションのエステサロン

あなたが開業したいエステサロンは、3つのうち、どのスタイル?

自宅でエステサロンを開業するスタイル

自宅でエステサロンを開業するスタイル

30万円という少ない資金で、エステサロンを開業できる方法の1つが、自宅サロン。

自宅サロン開業で必要なもの

自宅の一室を利用するから月々の家賃もかからず、スタッフを雇わないで個人で始めるなら費用はかなり抑えられます。

開業時に必要なもの

  • エステ機器 10~50万
  • 化粧品、タオル、シーツなどの消耗品 10万円
  • 施術に必要なベッド、カウンセリングに必要なテーブル&椅子など家具類
  • パソコンやプリンター、洗濯機などの電化製品

これらにかかる費用をできるだけ抑えるのが、30万円からエステを開業するコツです。
すでに自宅にあるものでOKのものは、兼用にして費用をダウンしちゃいましょう!

自宅サロンに「内装費」は必須!

後は自宅サロンの場合、なくてはならないのが「内装費」。
そのままではどうしても自宅っぽさが出てしまい、寛ぎのエステサロン空間とは程遠く…。

内装費は一般的に、平均20万円程度といわれています。
エステサロンの雰囲気作りにどこまでこだわるかがポイントです。

自分でできる内装は自分で!
内装費を抑えれば、30万円のエステサロン開業も十分に実現可能です。

商業施設内に間借りしてエステサロンを開業するスタイル

間借りしてエステサロンを開業するスタイル

ホテルや温泉施設、ジムなどのスポーツ施設などの場所を借りてエステサロンを開業するのも、開業資金を抑えるにはおすすめのスタイル。

テナントを借りるより、リスクも抑えられ、自宅サロンよりも集客しやすいのも魅力的な点です。

一方、デメリットも。
お客様が施設内の利用者に限定されてしまったり、内装に制限があってエステサロンの雰囲気作りが難しかったり…といった問題もあります。

ただ、30万円から開業することも可能な開業スタイルです。間借りにかかる費用はテナントによって変わるので、条件の良いところを探してみましょう!

サロンの雰囲気にしっかりこだわりたい、賃貸マンションでエステサロンを開業するスタイル

賃貸マンションでエステサロンを開業するスタイル

エステサロンの雰囲気づくりを重視するなら、賃貸マンションで開業。この開業スタイルは、ある程度の資金が必要です。

自宅開業と比べ、開業資金が跳ね上がってしまうのは、ほぼ賃貸と内装の分です。
住まいを借りるのと違い、店舗経営の場合は、保証金として家賃半年分ほどが上乗せさられるケースがほとんど。

たとえば家賃5万円のところなら、初期費用に保証金だけで約30万程を見積もっておいた方が良いでしょう。

また、エステサロンの雰囲気づくりにこだわりたいからこその賃貸マンション開業なので、内装費も200万円程度を考えておきましょう。

エステサロンの居ぬき物件で開業という手も

エステサロンの居ぬき物件で開業という手も

そんな高額な開業資金が必要になる賃貸マンションですが、初期費用をグっと抑える方法が1つあります。

それは「居ぬき物件で開業する」という方法。
居ぬき物件とは、前以南とが使用していた内装や設備が残っている物件のことです。

以前にエステサロンとして使われたテナントがあればチャンス。
エステサロン用の使いやすい環境になっていることがほとんどです。

以前にエステサロンとして使われていた物件なら、内装費を大幅に節約できます。
できるだけ開業資金を抑えるなら、居ぬき物件は抑えておきたいところです。

作りたいエステサロンを実現できる、開業資金を用意しよう!

いかがだったでしょうか?

30万円で開業できる方法をいくつかご紹介しました。
開業資金はできるだけ抑えることが大切ですが、自分のつくりたいエステサロンでなければ意味がありません。

用意できる開業資金に合わせて開業スタイルを決めるのではなく、自分のつくりたいエステサロンを実現できるだけの開業資金を用意するのが大切。

抑えられるところは抑えて、賢くエステサロンを開業してくださいね。

【無料BOOKプレゼント】サロン開業成功の秘訣がココに!

予約が殺到する、愛されサロンを育てたい方へ

予約が殺到する、愛されサロンを育てたい方へ

  • 開業にかかる資金は?
  • ブログって始めた方がいいの?
  • お客様はどうやって集める?

など、サロン開業の始め方、お客様の集め方が分かります。
さあ、今日から楽しいサロン作りを始めましょう!

※HPの活用方法の最新情報をメールでお届けします。
前の記事
次の記事