エステサロンのフランチャイズ開業とは?メリットと3つのデメリット - あきばれホームページ作成
あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

エステサロンのフランチャイズ開業とは?メリットと3つのデメリット

  • サロン・エステ
  • サロン開業
エステサロンのフランチャイズ開業とは?メリットと3つのデメリット

エステサロンの開業方法は、個人サロンやレンタルサロン、フランチャイズなど様々です。その中でも特に注目されているのが、フランチャイズ開業。

フランチャイズ開業に乗り出したところで「想像と違う」と後悔しないように、行動に移す前にメリットとデメリットについてしっかり理解しておきましょう。

そこで今回、エステサロンのフランチャイズ開業のメリットと3つのデメリットについて紹介します。

フランチャイズ開業でエステサロンのオーナーになる

エステサロンのフランチャイズ開業とは?メリットと3つのデメリット

まずはエステサロンのフランチャイズ開業について詳しく学びましょう。

フランチャイズとは、ブランドを持つ会社と加盟契約を結び、商品やブランドイメージを共有して店舗を営業するかわりに、契約した会社に利用料を支払うという仕組みです。

店舗は複数あり、開業に向けてのマーケティングから、経営や運営の面で本部がサポートしてくれるのが特徴です。

エステサロンで勤務経験がある方はもちろんですが、美容業界で働いた経験がない人や、経営の経験がない人も、資金と開業への意欲があれば挑戦できます。

フランチャイズ開業には、初期費用や開業後のランニングコストがかかるという点も忘れてはいけません。

では、エステサロンのフランチャイズ開業でかかる費用について紹介します。

加盟金

フランチャイズの加盟にかかる契約金です。

保証金

フランチャイズ開業における金銭債務担保のための預かり金です。

研修費用

エステサロンの運営に関する研修を受けるための費用や、オーナー研修・スタッフ研修などにかかる費用です。

物件取得費

フランチャイズの店舗を借りる場合にかかる費用です。
敷金、礼金をはじめ、保証金や仲介手数料、前家賃などがかかります。

店舗施工指導料

店舗工事のコンサルティング料です。
自宅の一室や、独立店、テナントなど出店のタイプにより金額が異なります。

ロイヤリティ

エステサロン開業後に支払う利用料です。
売上金に応じてパーセンテージで支払う売上連動型や、ベッド数に応じた固定型など、フランチャイザーによってロイヤリティは変動します。

エステサロンのフランチャイズ開業にかかる相場を紹介しましたが、フランチャイザーにより、これらの細かい費用は異なります。

またサロン運営に必要な水道光熱費をはじめ、備品の購入や機材のレンタルにかかる費用なども発生します。

フランチャイズ開業のメリット4つ

エステサロンのフランチャイズ開業とは?メリットと3つのデメリット

エステサロンをフランチャイズ開業するメリットを4つ紹介します。

メリット1.開業コストが抑えられる

フランチャイズだと、開業資金がかからない、または抑えられるケースが多いです。
本部が物件を用意してくれる場合は、開業コストがかからない場合もあります。

またフランチャイズに加盟すると、個人サロンの開業と比べて、融資審査が通りやすくなったり、フランチャイザーからの支援金を受け取ることができたりなど、資金調達がしやすいというメリットがあります。

メリット2.効果的に集客できる

フランチャイズ開業は、既に出来上がっているブランドイメージから集客しやすいというメリットがあります。

一からはじめる無名の個人サロンと比べて、フランチャイズだと開業時から認識されやすく、高い認知度は安心感につながるため、集客しやすい傾向にあります。

メリット3.未経験や無資格でも始められる

エステサロンのフランチャイズ開業は、加盟の条件さえクリアできれば、資格や経験は関係ありません。

全く違う職種で働いていた方でも、フランチャイズ開業を利用すれば、エステサロンのオーナーになることができます。

メリット4.失敗するリスクが低い

個人サロンの開業だと、ブランドイメージの確立など、一からすべてを行う必要があります。

しかしフランチャイズ開業だと、既に確立したブランド力を活用できるため、廃業率が低いのがメリットです。

物件選びから、メニュー開発、仕入先、システムについての指導を受けることができるので、素人でも失敗するリスクが低くなります。

さらにフランチャイザー本部から、他の加盟店の実績をもとにアドバイスを受けることができるため、安定したサロン運営が実現できます。

フランチャイズ開業のデメリット3つ

エステサロンのフランチャイズ開業とは?メリットと3つのデメリット

メリットについて紹介しましたが、実際にフランチャイズ開業で知っておくべきことはデメリットです。

後悔しないように、フランチャイズ開業のデメリットを3つ紹介します。

デメリット1.メニューやサービスに制限がある

フランチャイズでエステサロンを開業する場合、メニューやエステで使用する商品などは本部が決定するため、どうしても自分の意見が反映されにくいのがデメリットです。

個人サロンはコンセプトから使用する商品まで自分で決めるため、自由度が高いですが、フランチャイズだと制限が多いため、自分のカラーを出すのは難しくなります。

デメリット2.初期費用の回収までに時間がかかる可能性がある

加盟金をはじめ、利用料や水道光熱費など、毎月固定の金額が出ていきます。

フランチャイザーによって細かい金額は異なりますが、契約によっては開業にかかった費用を回収するまでに時間がかかる可能性があります。

いつ頃までに資金を回収できるのか、加盟前に契約内容をしっかり確認し、見込みを立てる必要があります。

デメリット3.ブランドイメージの悪い影響も受ける

フランチャイズは、ブランドイメージに大きな影響を受けます。

他の加盟店が不祥事を起こすなど問題が起きた場合、自分のサロンも同じブランドとして認識されるため、悪い印象を持たれることになり、ダメージを受ける可能性があります。

良いブランドイメージだと集客しやすいというメリットになりますが、悪いイメージがついた場合にはデメリットに働きます。

フランチャイズ開業のメリットとデメリットまとめ

エステサロンのフランチャイズ開業とは?メリットと3つのデメリット

エステサロンのフランチャイズ開業のメリットとデメリットを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

フランチャイズは、開業資金や集客、経営などの面で様々なサポートを得られるため、メリットがたくさんあります。

しかしデメリットもあるので、フランチャイズ開業を考えている方は、その点をしっかり把握しておく必要があります。

たくさんあるエステサロンの中で生き残るために、フランチャイザーのサポートを受け、積極的に集客し、カウンセリング力を学びましょう。

フランチャイズ開業に興味のある方は、メリットとデメリットを把握したうえで、自分に合ったエステサロンの開業方法を見つけてくださいね。