あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

ネットで売らないHP営業術

【第7回】実録・驚異の顧客獲得力「ケータイから家が売れた!」

2013年2月5日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 7 分

唐突だが、みなさんは「インターネット」「ホームページ」と聞いて真っ先に何を連想するだろうか。

ビジネスパーソンならすぐ頭に思い浮かぶのが「パソコン」というキーワードかもしれない。

が、それ以外の多くのインターネットユーザー、つまり、主婦や若者、あるいは高齢者などにとってのインターネットはむしろ携帯電話での利用が主であり、彼らを取り込んでいくには、「携帯サイト」でのコミュニケーションは避けて通れない。

今回は携帯サイトから顧客を獲得する方法を考えてみよう。

多くの世代でインターネットといえば「ケータイ」

総務省が今年4月に発表した「平成20年通信利用動向調査」によれば、2008(平成20)年末時点で、調査対象者の75%が携帯電話を利用している(グラフ参照)。

携帯電話及びパソコンの利用率(個人)

年代別に見ると、13~19歳の約8割が携帯電話を持ち、20~50代ではほぼ9割、60代前半でも約8割が所有し、かつ、20歳以上は携帯の利用率がパソコンの利用率を上回っていることがわかる。

とりわけ、60代前半の携帯利用率はパソコンの約1.6倍、60代後半では約2倍と、差が顕著になる。

同調査は、端末所有割合とインターネットへのアクセスの関連について「携帯電話よりも価格が高く、操作にも相応の知識が必要なパソコンは、携帯電話以上に世代間で格差が大きい」と結ぶ。

つまり、パソコンを使わずに携帯だけでインターネットを利用している人はかなりの割合に達する、というわけだ。

たとえば、農業や製造の現場で働いている人、ドライバーなどで職場に自分のパソコンがない人は、日中は携帯からインターネットにアクセスするケースが多いだろうし、職場にパソコンはある人でも会社の方針でインターネットの私的利用が禁止されている場合も少なくない。一部金融機関では、Yahoo!へのアクセスすら許されない例もある。

また、主婦のインターネット利用も、家事の合間に手軽に操作できるなどの理由から携帯によるアクセスが多いという。

ビジネスブログなら携帯サイトでもそのまま閲覧

企業としてはここまで増えている携帯インターネットユーザーを放っておく手はないわけだが、となれば、これまでのパソコン用のホームページとは別に、「携帯サイト」を用意する必要が出てくる。

しかしながら、携帯サイトには意外にも難しい部分が多い。パソコン用のサイトをそのまま携帯で表示してもうまく表示されないのだ。

パソコンと携帯ではディスプレイのサイズが違うから、携帯の小さな画面サイズにあわせて専用の携帯サイトを用意する必要がある。携帯電話のキャリアによっても仕様を変更しなくてはならないことも多い。

仮に、新たに携帯サイトを作ろうということになったとしても、30万~50万円程度の制作費支出を覚悟しなければならない。

端末の仕様に自動的に適応するビジネスブログ

ところが、ビジネスブログならパソコン用に作成したホームページが携帯インターネット端末でも同じURL(ホームページのアドレス)でそのまま見られるのだ。

ビジネスブログで作成したホームページは、パソコンでも携帯でも、それぞれの仕様に合わせて表示が最適化される。携帯サイトであれば、画像を縮小し、文字のレイアウトを変更して、携帯の小さな画面サイズに合わせて表示がなされるのだ。

つまり、ビジネスブログでパソコン用のホームページを開設すると、携帯サイトが自動的に開設されるというわけだ。

携帯サイト経由で新築住宅を受注

最近、この「ビジネスブログによる携帯サイト」を活用し、携帯からたくさんのお客さんを獲得する企業が登場してきた。

そのなかにはなんと、携帯サイトを通じて新築住宅を受注した会社もある。

タマゴグミ

同社は、ビジネスブログを使ったホームページを立ち上げた。

当初は携帯サイト経由での問い合わせなどまったく想定していなかったので、パソコン用ホームページとしてビジネスブログを開設。以後、ホームページを通じて新築の戸建て住宅を年間で11棟受注した。

これだけでもすごい成果だが、なんとそのうちの2棟は携帯サイトを見たお客さんからの受注だったのだ。

このホームページは、ビジネスブログの機能によって携帯サイト仕様に自動変換され、携帯で建築事務所を検索していた主婦が同社のサイトに辿り着いた。

彼女は、サイトに用意された施工事例や家づくりのポリシーといった内容に共感して同社に問い合わせをした。

そこから先は通常の交渉と同じ。会社は顧客ニーズに対応した提案を行ない、めでたく成約にいたったという次第だ。

同社の話によれば、携帯サイトから問い合わせをしてくるのは、おもに普段パソコンをあまり利用しない、ホームページ初心者の主婦の方で、その数は次第に増えているという。

インターネットを使うのは、必ずしもパソコンユーザーだけではない。むしろ、ビジネスパーソン以外の顧客層をつかむうえでは、パソコンより所有者の多い携帯サイトの貢献は大きい。

また、紹介した事例で住宅のような高額商品が売れたように、コンテンツがしっかりしていれば、携帯サイトだからという理由でその企業へのアクセスを躊躇するユーザーはほとんどいないだろう。

あなたの会社も、パソコンのサイトに加え携帯サイトも活用して顧客層を広げ、さらなる売上アップをめざしてみてはいかがだろうか。

また、当社の提供するホームページ作成サービス、あきばれホームページでは、携帯サイトだけではなく、スマホサイトの自動生成も行いますので、よりその効果は高まります。スマホサイト作成に興味がある方はこちらからどうぞ。

(この記事は、ダイヤモンド・オンラインへ寄稿したものです。)

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

【第7回】実録・驚異の顧客獲得力「ケータイから家が売れた!」

唐突だが、みなさんは「インターネット」「ホームページ」と聞いて真っ先に何を連想するだろうか…続きを読む

問い合わせ10倍!「社長のホームページ入門」無料ガイドブックプレゼント

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(10月24日現在)

  10月 11月 12月 1月
残り 15件 68件 80件 80件
10月は残り15件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。