あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

SEOより上位表示しやすい!? 今、MEOに取り組むべきメリットとMEOの始め方

  • SEO対策
  • ホームページ
MEOより上位表示しやすい!? 今、MEOに取り組むべきメリットとMEOの始め方

MEOという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

MEOとはMap Engine Optimizationの頭文字を取ったマーケティング用語です。日本語に直すと地図エンジン最適化となります。

その名の通り、検索エンジンの検索結果で、地図を表示できる施策です。

グーグルやヤフーの検索エンジンで上位表示を狙うという面でSEOと同じですが、SEOほど有名ではないので、まだまだ知らない方も多いのではないでしょうか。

実は近年、このMEOもウェブマーケティングにおいて注目を集めています。そこで本記事では、MEOを始めるために知っておきたい基礎知識をご説明していきましょう。

この記事を読めば、MEOのメリットから、MEOの登録方法まですべて分かるので、すぐにMEO施策に取り組めメルようになります。ぜひご参考ください。

MEO(地図エンジン最適化)とは?

MEOとは?

実店舗を持っているなら、MEOは取り組んでおきたい施策の1つです。

SEOほど知られていないので、まだ本格的に参入している会社も多くありません。今ならSEOよりも上位表示しやすく、ホームページのアクセスアップ、来店数アップを見込めまるでしょう。

そのため、実店舗をお持ちなら、早めに取り組まれることをおすすめします。

それでは、次からもう少し詳しくMEOとは何なのか、どのような事業者が挑戦するべきなのかについてご説明していきましょう。

MEOとは?

MEOとは?

冒頭で説明した通りMEOとは「地図エンジン最適化」のことを指します。

例えば、グーグルで「居酒屋 渋谷」のように検索すると、ただ検索順位が表示されるだけではなく、渋谷周辺の地図に「居酒屋」が表示されます。

上の画像が「居酒屋 渋谷」の検索結果ですが、赤い点で各「居酒屋」の場所が表示されていることが分かります。

さらにMEOでは、上位になると、店舗名や住所まで表示されるのが特徴です(上部で黒塗りになっている部分)。店舗名をクリックすれば、連絡先なども分かるようになっています。

MEOは、SEOとは異なった検索結果が表示される

このような検索結果は、SEOとは別のアルゴリズムが使われており、SEOとは違った検索結果が表示されます。

MEOで地図を上位表示させるには、Googleマイビジネスというツールに登録が必要です。
ツールと言っても、登録するのに費用がかかることはありません。

SEOと同様に、自分でやれば無料でできる施策なのが、MEOの魅力です。

最近このように、SEOとは別のアルゴリズム(ルール)で検索の上位が狙えるMEOに注目が集まっており、MEOに取り組む企業が増加しています。

(日本でヤフーも高いシェアを誇る検索エンジンですが、ヤフーにはこのサービスはありません。
Yahoo地図に店舗を表示させる手法はありますが、通常の検索結果には表示されないので集客効果も相対的に低いと考えられます。)

MEOに向いている事業者

MEOに向いている事業者

ただMEOには向いている事業者、あまり向いていない事業者があります。

MEOに取り組むと良いのは、実店舗を持っている事業者です。特にBtoCでローカルビジネスを行っている事業者が向いています。

なぜなら、ユーザーは土地勘が無い場所や知らないお店を探すときには、「居酒屋 渋谷」などのように「業種+地域」で検索をするからです。

このように検索されたとき、Googleマイビジネスに登録していれば、上位に表示されます。
さらに、ユーザーがスマホで検索していれば、検索結果に出てきた地図からナビを立ち上げて、簡単に来店することが可能です。

そのため、飲食店や病院・小売店など、一般消費者が検索で店舗を探しそうな事業は、MEO対策すると集客アップの効果が期待できます。

こうしたローカルの検索にMEOは強く、SEO対策するよりも効率的と言えるでしょう。

今、MEOに取り組むメリット

今、MEOに取り組むメリット

では、MEOに取り組むと、具体的にどのようなメリットがあるのか、もっと詳しくご説明していきます。

過当競争気味のSEOとは違うルールで上位を狙える

まず、先ほど説明した通りMEOとSEOでは、上位に表示されるためのアルゴリズムが異なります。

このSEOと違うルールで上位を狙えるのが、MEOのメリットの1つです。

SEOは昔からある手法で、色々な会社が積極的に挑戦してきました。現在は、競争が激化しています。

そのため新規参入で、SEOで上位表示するのはなかなか難しいことです。昔からSEO対策を行っていた多くの競合他社と勝負する必要があります。

一方、MEOはここ数年で注目され始めた手法なので、競合もまだそれほどいません。そのためSEO対策を行うよりもコストパフォーマンス高く、集客力の向上が期待できます。

スマホと相性が良い

スマホと相性が良い

スマホとの相性も抜群に良いのも、MEOのメリットです。

検索でのスマホ利用率は、年々高くなっています。
パソコンはどうしてもパソコンを開ける落ち着いた環境でしか検索できませんが、スマホならいつでもどこでも検索できます。

たとえばスマホを使って、土地勘のない場所で暇をつぶすために喫茶店を検索したり、体調が悪くなって家の近くの病院がどこにあるか調べたりした経験がある方も多いのではないでしょうか。

スマホにはGPSが内蔵されているので、そのお店までの経路を自動的に表示してくれます。また、電話機能が内蔵されているので、電話をかけることも容易です。

SEOで上位に表示されても、ユーザーはそのホームページからお店の住所を探さなくてはいけません。さらに、地図アプリを開いて住所を検索しなければ、行き方がわかりません。

対してMEOは地図が出てくるので、所在地がすぐに分かります。GPS機能を使えば、すぐにお店まで辿りつくことができるのです。

スマホでお店や病院の場所を調べるときは、SEOよりMEOの方が相性が良いと言えるでしょう。

SEOよりもMEOの結果の方が上位に表示される

また、SEOの検索結果よりもMEOの検索結果の方が上位に表示にされるのもメリットです。

更に、検索順位の上位の店舗は名前も表示されます。
そこまでのルートなどもすぐに調べられるので、店舗への誘導に関する強い訴求効果が期待できます。

純粋に実力で勝負がしやすい

純粋に実力で勝負がしやすい

純粋に、実力で勝負しやすいというのもメリットです。

店舗系のビジネスでは、どうしても検索結果にポータルサイトが上位に表示されやすい傾向があります。

そのため実力よりも、ポータルサイト内でいかに広告費を払ってうまく立ち回るのかが、集客の上で重要になってくることもあります。

でもMEOではポータルサイトは表示されません。広告料なども必要ないのです。

純粋に店舗の営業時間やサービス内容、ユーザーが投稿したレビューの内容など、その店舗の魅力がそのまま検索順位に反映されやすい傾向があります。

ポータルサイト疲れしている店舗にとっては良い集客手法だと言えるでしょう。

MEOに取り組むためには? 具体的な手順

MEOに取り組むためには? 具体的な手順

では、MEOに取り組むための手順をご説明します。

Googleマイビジネスから店舗を登録

まずグーグルマップ上に自店舗を表示させるための手続きは、手続きは「Googleマイビジネス」から行うことが可能です。

グーグルアカウントを作成して、以下のURLから店舗登録の手続きを行ってください。ちなみに、グーグルアカウントの作成も店舗の登録も全て無料で行えます。

  ▼https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

ただ、単に店舗を登録しただけでは、地図上に表示されるだけです。検索結果の上位を獲得できるとは限りません。

検索結果の上位を狙うためには、以下の2つの施策を行う必要があります。

店舗情報はできるだけ明確化する

店舗情報はできるだけ明確化する

まず1つは、店舗情報をできるだけ明確にするということです。

店舗名や場所だけではなく、ビズネスカテゴリや電話番号、ホームページの情報まで、きちんと店舗内の様子(インドアビュー)などを含めて、できるだけ記載内容を詳しくした方が検索結果で上位に表示されやすい傾向があります。

店舗のレビューを集める・返信する

次に、店舗の情報を詳しく記載することと並んで重要なことは、店舗のレビューを集めるということです。

グーグルでは店舗を登録すると、その店舗のユーザーから評価とコメントがグーグルマップの店舗情報に追加される場合があります。

評価点が高かったり、件数が多かったりした方が検索結果で上位に表示される可能性が高いので、レビュー管理をきちんと行うと効果的です。

また、投稿されたレビューに対してはシステムから返信することもできます。
店舗のレビューがあったら、定期的に返信するようにすると良いです。

MEOのまとめ

MEOのまとめ

いかがだったでしょうか。
本記事では、MEOの基礎知識、今始めるメリット、登録の方法などをお伝えしてきました。

ここで少し、おさらいをしておきましょう。

MEOは「地図エンジン最適化」のことで、検索結果の地図の部分で、上位表示を狙う対策です。地図を上位に表示させることで、店舗への集客アップを目指します。

たとえば、グーグルで「居酒屋 渋谷」と検索すると、通常の検索結果とは別に、渋谷の居酒屋の場所が示された地図が、検索結果の上部に表示されます。

それだけでなく、一部の店舗は、店舗名や営業時間などもわかりやすく表示されます。
これがMEOの基本です。

地図を利用する関係から、MEOは特にBtoCの店舗サービスで、強い効果を発揮します。

また、過当競争気味のSEOとは違うロジックでMEOの検索順位は決まるので、SEOキーワードでは上位表示が難しいという場合にも、効果的です。

さらに、取り組んでいる会社もまだ少ないので、検索順位を上位にしやすいのもメリットと言えるでしょう。

スマホとの相性も良く、SEOの結果よりも目立つので、店舗集客に貢献しやすいというのもMEOの大きなメリットです。

MEO対策を始めるには、まずGoogleマイビジネスに、店舗の登録をする必要があります。登録は無料です。

検索順位で上位を狙うためには、店舗情報をきちんと記載するのが第一歩。その上で、店舗レビューを投稿してもらい、それにきちんと返信していきましょう。

MEO対策は取り組めば難しいことはありません。今、まだ上位表示しやすいうちに、挑戦されることをおすすめします。

知識ゼロから使える、上位表示を目指せるテクニックが満載!

SEOの基本ガイドブック

【無料プレゼント】すぐ実践!SEOの基本をマスター
お金をかけずに、自分でSEO対策をしたい方へ

「ホームページがなかなか上に表示されない」
「そもそもSEOって何?」
「もっとアクセスを増やしたいけど、どうしていいか分からない」
などSEOの疑問やお悩みをスッキリ解決できるガイドブックです。

※HPの活用方法の最新情報をメールでお届けします。

10分で読める、身につく! ホームページ作成&活用術が、毎週届く!
8500社超の制作実績から生まれたノウハウが手に入るメールマガジンです。

ネット集客がみるみる分かる『経営塾』登録
無料

お客さまを増やせるデザインサンプル

初心者むけHP作成サービス【あきばれホームページ】では、お客さまを増やせるデザインに力を入れています。

以下のページで、「お客さまを増やせるデザインサンプル」をいくつかご紹介しております。ぜひご確認ください。

部品型CMS【Buddy】というツールを利用していますので、ページの下の方もビジネスらしい、信頼感のあるデザインのホームページが作成可能です。

お客さまを増やせるデザインサンプル
サイト内のページを検索

業種・カテゴリー

自分で更新できる低価格なホームページ作成サービス
ガイドブック案内
お問合せ・ご相談はこちら