【徹底解説】ホームページのランニングコスト、相場はいくら? 意外と見落としがちな費用も!
あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

【徹底解説】ホームページのランニングコスト、相場はいくら? 意外と見落としがちな費用も!

  • ホームページ
  • ホームページの運用方法
初期費用より維持費が大事!ホームページのランニングコストの相場

ホームページはウェブに公開されて日の目を見るようになったその瞬間がスタート!
ホームページをウェブ上に安定して公開し続けたり、本来の目的である集客をするためにはランニングコスト(維持費)がかかります。

ですが、初心者は何がどれくらい維持費としてかかるのか把握しづらいですよね。
今回はホームページを運営し続けるためにかかる各種ランニングコストと費用の相場について解説します。

維持費=投資!無駄な出費ではない

維持費=投資!無駄な出費ではない

ホームページ制作というと初期費用にばかり目がいきがちですが、実は維持費にも気を遣わなければいけません。
次の例を見てみましょう。

A:初期費用100万円、維持費月5,000円(管理費のみ)
B:初期費用50万円、維持費月50,000円(管理費+更新費+SEO費用+広告費)

最初にお金をかけてデザイン性の高いホームページを作ったものの更新していないAと、初期費用を抑え更新・運営に力を入れているB。
あなたはどちらのホームページの方が伸びると思いますか?

どんなに綺麗なホームページを作っても、何も更新されていないと誰も訪問してくれません。
ウェブは流動的ですから、最初にSEO対策をしていても更新が無ければ後ろへ流され、そのうち誰も見ない「壁の花」になってしまいます。

一方で、きちんと更新をしているホームページは月々の維持費は高いものの、その分集客がうまくできています。
トレンドの流れに乗り、初期費用と維持費の分を回収できる日もそう遠くありません。

ホームページの維持費、つまりランニングコストにはあまりお金をかけたくない人も多いでしょう。
お金をかけずビジネスをする方が、利益率が上がるためです。

しかし、ランニングコストは決して無駄な出費ではありません。
ホームページの安全性や安定性を維持したり、アクセスを増やしお客様に商品の購入やサービスの利用を促したりするためには必要なのです。

維持費は未来への投資と同じ。
ホームページのランニングコスト無しではビジネスは成長できないのです。

ホームページのランニングコストの種類と相場

ホームページのランニングコストの種類と相場

ランニングコストと言ってもいくつかの種類があります。
すべて必ずかかる費用というわけではなく、ホームページの更新は誰がするか、管理は制作会社に依頼するかしないか、といった取捨選択。
そしてどこまで品質にお金をかけるかによって費用も大きく変わります。

実際にホームページにはどんな種類のランニングコストがかかるのでしょうか。

サーバー代

サーバー代

作ったホームページはサーバーを経由してウェブ上に公開されます。
大手会社では自社でサーバーを用意することがありますが、ほとんどの中小企業はレンタルサーバーとの契約が必要。

ホームページ制作会社に制作だけ任せて自分で管理する場合は自分でサーバー代を支払わなければいけません。

サーバー代の安いところでは次のようなレンタルサーバーがあります。
それぞれ容量や複数管理の可否など特徴が違うので、プランを見比べて選びましょう。

◆さくらのレンタルサーバー
スタンダード/月額515円
プレミアム/月額1,543円

◆GMOクラウド
レギュラー/月額1,410円
プロ/月額2.362円

◆エックスサーバー
X10プラン/月額1,000円
X20プラン/月額2,000円

ドメイン代

ドメイン代

ドメインとは、URLの「https://XXX.com」のXXX部分。
会社名や商品名を独自ドメインとして取得することで、そのホームページが自前であることの証明になります。
URLが覚えやすくなり、ユーザーの信頼を得られるという利点があるのです。

ドメイン代はURL末尾の「.com」や「.net」などどれを選ぶかによって金額が変わります。
といってもそれほど高額なわけではなく、年間で1,000円〜10,000円、月額83円〜833円程度です。

(保守)管理費

(保守)管理費

管理費は「保守管理費」とか「月額管理費」と呼ばれることもありますが、だいたい内容は同じ。
制作会社に管理を任せたとき、ホームページの公開状態を安全に保っておくための費用です。
だいたい月額 5,000円〜20,000円が相場になります。

制作会社は自社サーバーの中にデータを保管してウェブに公開しており、トラブルが起こるとホームページ が見れなくなるだけでなく、データが壊れてしまうことも!
サーバーの安定性を保つためには定期的にメンテナンスが必要です。

また、セキュリティ対策を行うことでデータの漏洩も防いでいます。
こういった安定性、保守性を守るために必要なのです。

更新費

更新費

ホームページは作って終わりではなく、定期的に更新することで何度でもユーザーに訪問してもらいやすくなります。
この更新を制作会社に依頼すると1回5,000円程度。

写真1枚の差し替えでも5,000円かかることがあるのですが、これは一度データのバックアップをとり、さらに依頼主からの修正依頼があったときに対応するための手間賃も含まれているためです。

SEO費用

SEO費用

SEO対策をすることでアクセスアップを狙うことができます。
その対策は、時間がないときには制作会社かSEO会社に依頼するのがいいでしょう。

SEOは短期でやって効果が出るわけではないので「月額いくら」または「1回いくら」という形でかかります。

記事やコンテンツ制作なら1回1,000円〜30,000円、被リンク対策なら1回30,000円〜が相場なので、最初のうちは月額5,000円からできるSEO対策を始めるのがおすすめ。

広告費

広告費

SEO対策よりも効果検証しやすく、結果が出るのが早いのが広告です。
広告費は、極端に言えば数円〜100万円以上とまさにピンキリ!
自社の商品やターゲット層によってかかる費用が大きく変わります。

最初にいきなり高額な広告費をかけると大変なので、まずは月額10,000円〜30,000円程度から。
様子を見ながら徐々に金額を増やしていくといいでしょう。

人件費

人件費

制作会社に任せず自社でホームページを運営していくなら担当者を決めないといけません。
PCスキルや知識があり、ホームページ制作ソフトの使い方がわかる人を新たに雇うことも考えましょう。
パートであればだいたい月額100,000円から。

もちろん、社内に頼れる人材がいれば新たに雇う必要はありません。
安心して任せられる人材を見つけましょう。

ランニングコストをできるだけ安く抑えるには

ランニングコストをできるだけ安く抑えるには

ここまでホームページのランニングコストについて解説しました。
ランニングコストは投資ですが、ビジネス初期で投資できるほど余裕がない人がいるのも事実。
そんな時に無理して投資をするのはあまりおすすめできません。

そこで、ホームページのランニングコストをできるだけ安く抑えるようにしましょう!
実は、必要最低限のランニングコストは次の2つだけ。

・ホームページをウェブ上に表示し続けるためのサーバー代
・会社名や商品名を載せて信頼を得るためのドメイン代

最低でもこの2つさえあれば安くて月々1,000円以下でホームページを表示させることが可能です。
あとは自分で更新したり、SEO対策や広告も勉強して実践するだけ。
「お金をかけたくなければ自分の手間を増やす」が鉄則です。

ホームページのランニングコストの相場まとめ

ホームページのランニングコストの相場まとめ

ここまで解説したホームページのランニングコストの相場をまとめました。

  サーバー代:1,000円〜100,000円/年
  ドメイン代:1,000円〜10,000円/年
  (保守)管理費:5,000円〜20,000円/月
  更新費:5,000円/1回
  SEO費用:5,000円〜/月
  広告費:30,000円〜/月
  人件費:100,000円〜/月

できるだけランニングコストを抑えたいならサーバー代とドメイン代だけでOK。
自分で安くホームページを運営するなら手間暇かけるのが鉄則です。

毎日業務に忙しい人やプロに頼みたい人は、ホームページ制作会社に運営を任せたり、ウェブ担当者を雇って任せたりする方が安心。
ホームページのアクセス数を増やし売上につなげるためにも、定期的に更新してSEO対策を行ったり、広告を出したりして集客するのが近道になります。

経営者がホームページの維持費はできるだけ安く抑えたいと思うのは自然のこと。
しかし、ホームページを安全に運営して、集客の効果を発揮するためのランニングコストは決して無駄ではありません。

ランニングコストは未来への投資だと考えて前向きに捉えましょう!